プレスルーム
www.hpe.com/jp/newsroom

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL:0120-268-186
    03-6743-6370(フリーダイヤルをご利用できない場合)

2022年6月28日

HPE GreenLakeのパートナーエコシステムにオープンソースのリーダーであるRed Hat社が参加


概 要

  • 成長を続けるHPE GreenLake edge-to-cloudプラットフォームをサポートするエコシステムにRed Hat社を迎え、オンプレミスパブリッククラウドプライベートクラウドを問わず、お客様のITのより効果的な運用・管理を支援
  • Red Hat社と開発された HPE GreenLake ソリューションは、 コンピュート、コンテナ、自動化のための完全なオープンソースITスタックを提供
  • 開発者がアプリケーションをあらゆるクラウド、あらゆる場所へ提供する際に、スピードと安定性を高め、複雑さを軽減し、簡単にデプロイできる範囲を広げることを支援

HPE GreenLakeソリューションのRed Hat社との共同開発により、複数のハイブリッドクラウド環境においてお客様にとって最大の課題となる、コスト、複雑性、リスク、安定性に一層シームレスなエクスペリエンスを提供できるようになります。

※本リリースは、ヒューレット・パッカード エンタープライズ(本社:米国テキサス州ヒューストン、以下:HPE)が、2022年6月27日(現地時間)に発表した英文リリースに基づいて作成した日本語抄訳です。原文(全文)はこちらをご参照ください。

HPEは本日、年次イベントHPE Discoverにおいて、長期にわたるパートナーであるRed Hat社をHPE GreenLakeエコシステムに迎えることを発表しました。両社は、HPEの新しいサービスと、Red Hat OpenShift、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat Ansible Automation PlatformといったRed Hat社の先駆的なオープンソーステクノロジーを組み合わせ、HPE GreenLakeプラットフォーム上に展開するために協力します。

HPE GreenLake edge-to-cloudプラットフォームと、業界をリードするRed Hat社のエンタープライズ向けオープンソーステクノロジーの強力な組み合わせは、IT組織が必要としている俊敏なテクノロジーソリューションを提供し、ビジネス成果の加速、およびDX(デジタルトランスフォーメーション)の促進に貢献します。HPEとRed Hat社は協力して、複数のIT環境において安定性とパフォーマンスを強化しながら、コストと複雑さを軽減するエンタープライズ対応のオープンソースソリューションを提供します。この取り組みは、中規模企業、大規模企業、政府・行政機関が、ITのモダナイゼーション、市場進出までの時間短縮、イノベーションの発揮、および持続的な競争優位性の確立に貢献することを目指しています。

HPE GreenLake Cloud Servicesコマーシャルビジネスのエグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるキース・ホワイト(Keith White)は、次のように述べています。
「このパートナーシップの拡大により、HPE GreenLakeのお客様は、高く評価されているRed Hat社のオープンソースソリューションを容易に活用できるようになります。両社のお客様は、インテグレーションやライセンス、製品のアップデートを気にすることなく、ビジネス変革の加速や、パフォーマンス、リスクの解消、スピードにまつわる差し迫った課題の解決に集中することができます。HPEは、Red Hat社が提供する信頼性を備えたオープンソースソリューションとパートナーを組むことで、お客様が求めるハイブリッドクラウドを提供します。」

Red Hat社のパートナーエコシステムサクセス担当シニアバイスプレジデントであるステファニー・キラス(Stefanie Chiras)氏は、次のように述べています。
「Red HatとHPEは、多くの企業がDXの取り組みを加速させ、ハイブリッドクラウドの導入を拡大しようとする中で、お客様の選択肢を広げ、柔軟性を高めることに取り組んでいます。Red Hatのオープン ハイブリッド クラウド ポートフォリオは、データセンターからエッジまで、お客様がクラウド運用を最適化するための、より一貫性と拡張性を備えた基盤を提供します。HPEと協力し、Red HatのテクノロジーをHPE GreenLakeプラットフォームに統合することで、お客様が必要とする場所での選択をさらにサポートできることを嬉しく思っています。」

HPE GreenLake with Red Hatは、さまざまなメリットを提供します。

  • 信頼性に優れたパフォーマンス -- さまざまなワークロードに、場所を問わず、セキュリティ機能が強化された、より信頼性の高いインフラストラクチャを提供するよう、可用性とデータ保護を強化したプラットフォームとソリューションを提供します。
  • リスクと複雑性の低減 -- HPEとRed Hat社は、お客様の長期的な成功に注力しながら、ビジネスの目標達成に不可欠なアーキテクチャの提供に取り組んでいます。 
  • 所有コストの低減 -- お客様ごとに最適化されたリーズナブルでスケーラブルなソリューションを提供することで、より効果的なコスト管理を支援します。
  • スピード -- これらの完全なオープンソースのITスタックソリューションを使用する企業は、オンデマンドで利用できる機能を通じて、より迅速に動き、市場や業界の変化に適応し、市場進出までの時間を短縮して競争優位性を築くことができます。
  • 包括的なサポート -- HPEは、物理環境、仮想環境、マルチクラウド環境に対して、ワールドクラスのサービスとサポートをお客様に提供します。 
  • 信頼できるオープンソーステクノロジー -- Red Hat社は、エンタープライズ向けオープンソースソリューションの世界的なリーディングプロバイダーであり、Fortune 500企業の90%以上がRed Hat社のテクノロジーを使用しています*。

HPE GreenLake edge-to-cloudプラットフォームについて

HPE GreenLake edge-to-cloudプラットフォームは、データ・ファースト・モダナイゼーションの加速を可能にします。提供する50以上のクラウドサービスは、オンプレミス、エッジ、コロケーション施設、およびパブリッククラウドで稼働します。2022年度第2四半期、HPEはARR(Annualized Revenue Run-Rate)8億2900万ドル、アズ・ア・サービスの受注は前年同期比で107%増、3四半期連続で100%以上の受注増を達成しました。現在1600社を超える企業のお客様がHPE GreenLakeクラウドサービスを利用し、12万以上のユーザーがこのプラットフォームを利用しています。スケーラブルな、従量課金制のHPE GreenLakeプラットフォームは、強固なセキュリティ、コンプライアンス、コントロールを実現し、幅広いパートナーエコシステムでは、チャネルパートナー、販売店、独立系ソフトウェアベンダー、パブリッククラウドプロバイダー、サービスプロバイダー、システムインテグレーターをサポートします。HPE GreenLakeの詳細はhttps://www.hpe.com/jp/ja/greenlake.html でご確認ください。

■ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)について

Hewlett Packard Enterprise (NYSE: HPE) は、グローバルedge-to-cloudカンパニーとして、あらゆる場所に蓄積される全てのデータの価値を解き放ち、事業の成果を加速させる支援をします。人々の生活そして働き方の向上を目指し、数十年にわたって未来の再考とイノベーションを重ね、HPEは独自でありながら、オープンでインテリジェントなテクノロジーソリューションをアズ・ア・サービスで提供しています。クラウドサービス、コンピュート、HPC & AI、インテリジェントエッジ、ソフトウェア、ストレージを全てのクラウドとエッジにわたって一貫したエクスペリエンスで提供することで、お客様が新たなビジネスモデルを創出し、新たなエンゲージメントを展開し、運用のパフォーマンスを最大化できるようサポートしています。詳細はhttps://www.hpe.com でご確認ください。

Red Hat、Red Hatロゴ、Ansible、およびOpenShiftは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。Linux® は米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。

*出典:Red Hat client data and Fortune 500 list for 2021