プレスルーム
www.hpe.com/jp/newsroom

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL:0120-268-186
(携帯、PHS:03-5749-8279)

2020年6月24日

HPE、革新的なHPE GreenLakeクラウドサービスにより、お客様のトランスフォーメーション加速を支援

HPE GreenLakeクラウドサービスは俊敏かつ、低コストで一貫性のある、どこからでも利用可能なクラウドエクスペリエンスを提供

 

※本リリースは、ヒューレット・パッカード エンタープライズ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下:HPE)が、2020年6月23日(現地時間)に発表した英文リリースに基づいて作成した日本語抄訳です。原文は以下をご参照ください。
https://www.hpe.com/us/en/newsroom/press-release/2020/06/hpe-helps-customers-accelerate-transformation-with-breakthrough-hpe-greenlake-cloud-services.html

HPEは本日、「エッジからクラウドまでのプラットフォームをas-a-serviceとして提供する戦略」の大幅な進展を発表しました。次世代のクラウドサービス、そしてas-a-serviceプラットフォームであるHPE GreenLakeのデリバリー体験の加速によって実現されます。新しいHPE GreenLakeクラウドサービスは、コンテナ管理、機械学習基盤(MLOps)、仮想マシン(VM)、ストレージ、コンピュート、データ保護、ネットワーキングを網羅し、アプリケーションおよびデータの変革とモダナイゼーションを支援します。アプリケーションおよびデータの多くはオンプレミスやコロケーション施設に在り、エッジへと拡がりつつあります。

 

HPEの社長兼CEOであるアントニオ・ネリ(Antonio Neri)は次のように述べています。「現在の市場の動向もあって、以前にも増して切実になっているニーズとして、ビジネス変革、社員の支援、お客様へのサービス提供のために自社のアプリケーションとデータを全てつなげ、活用できるようにしたいということです。我々がクラウド市場における次の段階に踏み出すにあたって、お客様からはエッジとオンプレミス両環境でのアプリケーションとワークロードを変革し、モダナイズできる手段が求められています。HPE GreenLakeを通じて、あらゆる場所で一貫したクラウドエクスペリエンスを提供し、トランスフォーメーションを加速するよう設計されたクラウドサービスとソフトウェアを提供することで、HPEは、情報がどこに存在していてもお客様が最大限に活用できるよう支援する、独自の立場を確立しています。」

 

今日、企業のデジタルトランスフォーメーションへの取り組みは重要な岐路に立っています。IDCによれば、パブリッククラウドの普及や導入にもかかわらず、アプリケーションの70%はクラウド外にあるとされています*1。各アプリケーション間の複雑な関係、データ重力、セキュリティとコンプライアンス、そしてコストが予想できないことなど複数の要因により、企業はビジネスに使用するアプリケーションの大半をパブリッククラウドに移行することは非常に難しいと考えています。2つの運用モデルへの対応を強いられることで、さらに多くの費用、複雑さと非効率、俊敏性やイノベーションの制限、あらゆる場所で収集した情報を活用できない状況に直面しています。

 

HPEはこのようなジレンマを解決する独自のアプローチとして、エッジからクラウドにわたるいずれの環境でも選択して導入できるHPE GreenLakeクラウドサービスを提供します。一貫した運用モデルが、すべてのエンタープライズアプリケーションやデータの視認性およびガバナンスを実現します。

 

さらに、HPE GreenLakeクラウドサービスはお客様に秀逸な経済モデルを提供します。パブリッククラウドのベンダーはオンプレミスにデータを戻す際に費用を請求しますが、HPEではこのような費用は発生しません。HPE GreenLakeの柔軟なas-a-serviceモデルと、コストとコンプライアンス分析のための堅牢なツールにより、お客様はキャッシュフローの維持、支出のコントロール、ビジネス面での優先順位に応じた投資順位の選択が可能となります。

 

Mohawk Valley Health SystemのIT Distributed Systems担当マネージャーであるエド・ヒルドレス(Ed Hildreth)氏は次のように述べています。「HPE GreenLakeにより稼働率100%を達成できており、また予測可能な料金モデルのおかげでコスト削減を実現できています。クラウドのような使い勝手により、新型コロナウイルスのパンデミックへの対応に必要な追加機能やリソースを迅速に有効化する必要があったときにも、遅延なく簡単に展開できました。HPE GreenLakeには非常に満足しており、当医療システムを新たな病院で展開する際もこのモデルを活用する計画です。」

 

〈分散環境のための新しいHPE GreenLakeクラウドサービス〉

HPEのクラウドサービスは、コンテナ、機械学習基盤、仮想マシン、ストレージ、コンピュート、データ保護、ネットワーキングを網羅します。すべてのクラウドサービスは、HPE GreenLake Centralプラットフォーム上のカタログ(目録)からセルフサービスで選択してクリックするという操作でアクセスできます。各クラウドサービスの料金を確認したり、トライアルをリクエストしたりできるほか、インスタンスやクラスターを数クリックで立ち上げたり、マルチクラウド環境を中央の拠点から管理できます。 

 

HPE GreenLakeクラウドサービスは事前に統合された、大・中・小のビルディングブロックで構成されており、発注から稼働まで14日程度です。パートナーとお客様の両方が事前に構成されたリファレンスアーキテクチャーおよび料金により、クラウドサービス利用開始までの速さのメリットを享受できます。

 

HPEはまた、新たなブランドのソフトウェアポートフォリオHPE Ezmeral(エズメラル)を発表しました。エッジからクラウドまでの、アプリケーション、データ、運用の変革を支援するHPE Ezmeralは、コンテナの管理、AI/MLとデータ分析、コスト管理、ITの自動化とAI駆動型運用とセキュリティを網羅する完全なポートフォリオとして組織の俊敏性と効率を実現し、洞察を解き放ち、イノベーションの加速を実現します。HPE Ezmeral Container PlatformおよびHPE Ezmeral ML OpsはHPE GreenLakeクラウドサービスとして提供され、コンテナ化されたアプリケーションの開発におけるさらなるスピードと容易性を実現し、そして機械学習基盤のライフサイクルにDevOpsの俊敏性を実現します。

 

コンテナのためのクラウドサービス – HPE Ezmeral Container Platformにより強化された一連の新しいHPE GreenLakeクラウドサービスは、データセンター、コロケーション施設、複数のパブリッククラウド、エッジでコンテナ化されたアプリケーションを実行する柔軟性を提供します。

 

機械学習基盤のためのクラウドサービス - HPE GreenLakeを通じて機械学習基盤のライフサイクル全体に対応した、HPE Ezmeral Container PlatformとHPE Ezmeral ML Ops上に構築されたワークロードごとのソリューションをサブスクリプション方式で利用することができます。

 

仮想マシン、ストレージ、コンピュートのためのクラウドサービス - プライベートクラウドのエクスペリエンスを必要とするお客様向けに、HPEは仮想マシン、ストレージ、コンピュートのためのHPE GreenLakeクラウドサービスの提供を開始します。5回クリックするだけでインスタンスのプロビジョニングが簡単に展開できるこれらのサービスは、HPE GreenLake Central管理プラットフォームの強力な消費分析機能により、使用状況と支出を可視化し、アクティブキャパシティプランニングを可能にします。

 

データ保護のためのクラウドサービス - データ保護のモダナイゼーションのニーズにHPEは、データのバックアップと復旧の省力化と自動化を実現し、あらゆるサービスレベル契約(SLA)で求められる迅速な復旧から長期保存まで対応できるようにしています。HPE GreenLakeを通じて提供するこれらの新しいクラウドサービスには、HPE Cloud Volumes Backupが含まれます。セキュアで効率的なオンプレミスでのバックアップとエンタープライズクラウドバックアップサービスを提供するHPE Cloud Volumes Backupは、クラウドとオンプレミス双方へのバックアップと復旧をコストやロックインなしで実現し、復旧、テスト、開発、分析のためにデータを有効化する俊敏性を実現します。

 

インテリジェントエッジのためのクラウドサービス - 設備投資の削減が従来以上に求められている昨今、予算関連のプロセスを簡素化し、ネットワーク運用コストの予測と管理の精度向上が求められています。HPE GreenLakeを通じてクラウドサービスとして提供される、業界初の完全なNetwork as a ServiceソリューションとなるArubaの新しいManaged Connectivity Servicesは、最近発表したAruba ESP(Edge Services Platform)によりクラウドの敏速性をエッジにもたらします。

 

HPE GreenLakeはHPEにおいて最も急速に成長している事業のひとつであり、40億米ドルを超える契約総額、世界中に850社を超えるお客様を有し、700社を超えるパートナーがHPE GreenLakeを販売しています。HPE GreenLake独自のメータリング、コスト管理、クラウドサービス、HPE Ezmeralソフトウェアポートフォリオに加え、HPE Financial ServicesとHPE Pointnext Technology Servicesによる支持を通じ、競合他社には追随できない差別化されたソリューションを提供しています。

 

〈提供開始時期と参考資料〉

  • 仮想マシン、コンピュート、ストレージ、データ保護、Intelligent Edgeに対応した新しいHPE GreenLakeクラウドサービスは、世界各国で提供を開始しています。コンテナおよびML Opsに対応した同サービスについてはベータ版を提供中で、ベータプログラムのお客様が利用可能です。一般提供はHPEの第4四半期を予定しています。

 

  •  HPE Ezmeral ソフトウェアは従来のライセンスモデルで一般提供を開始しており、加えてHPE Ezmeral ML Ops と HPE Ezmeral Container Platformは任意のインフラストラクチャまたはパブリッククラウド上で実行するためのソフトウェアライセンスで利用可能です。

 

  • コンテナ、仮想マシン、ストレージ、コンピュート、データ保護、ネットワーキングのためのHPE GreenLakeクラウドサービスは、いずれもチャネルを通じた販売に対応しており、パートナー各社はHPE GreenLake for Partnersプログラムを通じて販売可能です。詳細はこちらをご覧ください。

 

 

注記
IDC Cloud Pulse 1Q20 Survey Findings, May 2020

 

■ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)について

HPEは、エッジからクラウドまでのプラットフォームをas a Serviceとして提供するグローバル企業です。あらゆる場所に蓄積される全てのデータの価値を解き放ち、事業の成果を加速させるお手伝いをします。人々の生活そして働き方の向上を目指し、数十年にわたって未来の再考とイノベーションを重ね、HPEはユニークながらオープンでインテリジェントなテクノロジーソリューションを提供しています。すべてのクラウドとエッジにわたる一貫性のある利用感により、お客様が新たなビジネスモデルを開発し、新たなエンゲージメントを展開し、運用のパフォーマンスを最大化できるようサポートしています。詳細はwww.hpe.com でご確認ください。