プレスルーム
www.hpe.com/jp/newsroom

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL:0120-268-186
(携帯、PHS:03-5749-8279)

2018年8月31日

AIおよびクラウド自動化機能によるインテリジェントなストレージ機能を「HPE 3PAR」で提供

自律型インフラストラクチャと自動化機能の統合により、企業の収益スピードを加速

日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長執行役員:吉田 仁志、以下 日本ヒューレット・パッカード)は本日、データの経済的な価値を最大限に引き出す「HPE 3PAR」の新機能を発表しました。主なアップデートは以下のとおりです。

  • 「HPE InfoSight」の予測自動化機能を追加。業界で最も経験豊富なデータセンター向けAIにより、「HPE 3PAR」環境でアプリケーションの可用性をさらに高めます。
  • アプリケーションの自動化機能を強化。オンプレミスの「HPE 3PAR」環境でDevOpsを加速させ、生産性と効率を高めます。

企業がイノベーションを加速させる際、ITの俊敏性は必須となります。ITインフラの管理にインテリジェントなアプローチを採ることで、ITチームの管理負担を軽減し、収益を生み出す優先事項に注力することができます。本日発表された「HPE 3PAR」の新機能は、自律型インフラストラクチャとセルフサービス型ストレージを提供し、企業におけるデジタルトランスフォーメーションの加速を支援します。

「HPE 3PAR」担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのアイヴァン・イアンコーネ(Ivan Iannaccone)は、次のように述べています。「HPE 3PARは、あらゆる環境に容易に適応できる柔軟なストレージプラットフォームを提供しており、新しい技術やクラウドネイティブなアプリケーションを採用している企業にとって重要な役割を担っています。本日発表された新機能により、Tier-1レベルのオールフラッシュ基盤を強化し、増大するビジネスニーズにも対応できる俊敏性をもたらします。」

 

〈「HPE InfoSight」による予測分析〉

データ収集やデータ分析への独自アプローチとして開発された、クラウドベースのAIプラットフォームである「HPE InfoSight」は、問題解決を予測、自動化し、継続的に自己改善することで、高いインテリジェンスと信頼性を備えたストレージを実現します。「HPE InfoSight」は、「HPE 3PAR」環境に予測分析フレームワークをもたらし、スタック全体にわたって問題を予測、予防します。今回のアップデートにより、「HPE 3PAR」ユーザーは、問題解決の予測および自動化という「HPE InfoSight」の卓越した機能を利用できるようになります。これは、すでに「HPE 3PAR」ユーザーに提供されているCross-Stack Analytics(クロススタック分析)に加えて提供されるものです。ITチームは、クロススタック分析により、ストレージと仮想サーバー間におけるパフォーマンスの問題を解決し、その根本原因を早急に特定することができます。「HPE InfoSight」は、これらの機能がリリースされて以来、「HPE 3PAR」の実稼働環境全体において1,500以上の複雑かつ重要なケースの85%を予測、自動解決しています。

BlueShore FinancialのTechnology Infrastructure担当マネージャーであるライアン・バージェス(Ryan Burgess)氏は、次のように述べています。「アプリケーションの可用性は、当社にとって極めて重要であり、HPE 3PARを導入してから過去5年間以上、100%の稼働率を達成しています。また、HPE InfoSightにより、ストレージと仮想環境との間で発生した問題を特定することができるだけでなく、複雑な問題を予測、予防できるようにもなったことで、インフラストラクチャに費やす時間を減らし、お客様にかける時間を増やすことが可能になりました。」

新しい製品体験をもたらす「HPE InfoSight」は、データサイエンスとインテリジェントな自動化機能を活かし、実稼働環境で過去に一度でも発生したことのある問題が稼働中の「HPE 3PAR」アレイで再発生するのを最小限に抑えます。「HPE InfoSight」は、リアルタイムにデータを監視、学習、予測し、最も経験豊富なAIとしてデータセンターをサポートします。

IDCのリサーチ担当バイスプレジデントであるエリック・バーゲナー(Eric Burgener)氏は、次のように述べています。「HPEは、最先端のAIプラットフォームをHPE 3PARにも拡張したことで、業界で唯一、AIによって強化されたフラッシュストレージポートフォリオを有しています。すでにHPE InfoSightは、10年以上にわたって収集、分析したデータにより、これまでの製品体験を再定義しており、業界の競合他社は、これに留意し、遅れを取り戻す必要があるでしょう。」

 

〈あらゆる自動化フレームワークとの統合強化により、
               「HPE 3PAR」のセルフサービス型ストレージの運用効率を向上〉

多くの企業は、複数のストレージシステムを使用しているためにコストを調整、削減する必要に迫られ、ミッションクリティカルな主要アプリケーションとクラウドネイティブな最新アプリケーションの両方をひとつのインフラストラクチャ上で開発しています。「HPE 3PAR」は、DevOpsおよびコンテナフレンドリーなプラットフォームとして、エンタープライズクラスの同一インフラストラクチャ上で主要アプリケーションとコンテナアプリケーションの両方を実行することができます。

 HPEはまた、以下の機能強化も発表しています。

  • クラウド、DevOps、仮想、コンテナ環境向けに「HPE 3PAR」を自動化、管理するための強力なツールセット。DockerおよびMesosphere DC/OSとの統合に加え、新たにKubernetesおよびRed Hat OpenShiftと連携し、クラス最高レベルの自動化、業界最高レベルのコンテナプラットフォームとの統合を可能にします。
  • VMware vRealize Orchestrator向けの新しいプラグイン。セルフサービス型ストレージの自動化を可能にし、組込みのワークフローにより、迅速な展開とストレージ管理の合理化を実現します。
  • 既存のインフラストラクチャを管理し、DevOpsチームの俊敏性を高めるツールチェーンを強化。「HPE 3PAR」ユーザー向けの構成管理ツールとして、あらたにビルド済みのブループリントであるChef、Puppet、Ansibleを提供。その他、DevOpsチーム向けにRubyおよびPython用の言語ソフトウェア開発キットを提供し、既存のプログラミング言語によるストレージ機能の自動化とアプリケーションの迅速な展開を可能にします。


United SupermarketsのITエンタープライズアーキテクチャ、セキュリティ、コンプライアンスおよびライセンス担当マネージャーであるジェフ・ブリッジス(Jeff Bridges)氏は、次のように述べています。「当社の店舗には、毎週100万人以上の来客があり、ショッピング体験の向上や市場投入時間の短縮を図るため、これまでにない革新的なソリューションを継続的に開発できるインフラストラクチャを必要としています。HPE 3PARを活用することで、既存アプリケーションと一緒に実行できるKubernetesによって自動化されたコンテナのスピードと柔軟性を活かし、より先進的で現代的なアプローチを取ることができます。その一環として、ロイヤルティアプリケーションやオンラインショッピングのオプションなど、新しいカスタマーサービスを迅速に開発し、展開することで、カスタマーサポートの向上が可能となっています。」

多くの企業は、高度な自動化、先行投資を必要としない従量課金モデル、インフラストラクチャの柔軟性、および予測不可能かつ不均一なワークロードにも対応できるセキュアなマルチテナントプラットフォームなど、オンプレミスでもパブリッククラウドと同様の製品体験を期待しています。「HPE 3PAR」の卓越したアーキテクチャは、複数のユーザーグループやアプリケーションにも対応し、HPE GreenLake Flex Capacityによる従量課金モデルを提供するなど、これらの機能をオンプレミスでも可能にしています。

製品情報の詳細は、https://www.hpe.com/jp/ja/storage/flash-hybrid.htmlをご覧ください。

〈価格および販売開始時期〉

  • 「HPE InfoSight」の予測自動化機能は、現在、有効なサポート契約を締結している「HPE 3PAR」のお客様に無償で提供されています。
  • 強化されたアプリケーションの自動化機能は、現在、すべての「HPE 3PAR」のお客様に無償で提供されています。