プレスルーム
www.hpe.com/jp/newsroom

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL:0120-268-186
(携帯、PHS:03-5749-8279)

2018年7月19日

「HPE ProLiant DL325 Gen10」サーバーを発表、
シングルプロセッサーの経済性でデュアルプロセッサーの性能を実現

AMD EPYC™ 搭載の新しいシングルプロセッサーサーバーをAMDポートフォリオに追加、デュアルプロセッサーサーバーの導入コストやソフトウェアライセンスの発生コストを削減し、エンタープライズクラスのパフォーマンスを提供

日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長執行役員:吉田 仁志、以下 日本ヒューレット・パッカード)は本日、デュアルプロセッサークラスの性能を実現する経済性に優れたシングルプロセッサーサーバーとして、AMD EPYC™ プロセッサー搭載の「HPE ProLiant DL325 Gen10 サーバー」を発表します。「HPE Gen10 サーバー プラットフォーム」のポートフォリオを拡充する「HPE ProLiant DL325 Gen10」は、低価格と高性能を両立させるコストパフォーマンスに優れたサーバーです。本日よりオンラインストア「HPE DirectPlus」での販売を開始します。

 

〈仮想サーバーおよびソフトウェアデファインドストレージで画期的な経済性を実現〉

現在、アプリケーションやデータの需要が増加している一方、出荷されているシングルプロセッサーサーバーの多くは、プロセッサーの性能が低く、メモリやI/Oも限定されています。そのため、多くの企業は、必要なレベルのパフォーマンスを得るためにデュアルプロセッサーサーバーの導入を余儀なくされています。

AMD EPYCアーキテクチャを採用した「HPE ProLiant DL325 Gen10」による主なメリットは以下の通りです。

  • デュアルプロセッサーサーバーを導入することなく、エンタープライズクラスのプロセッサー、メモリ、I/O性能、およびセキュリティを実現
  • プロセッサー単位でソフトウェアライセンス費用が発生しているシステムの場合、数十万円規模の大幅な削減が可能
  • 1Uラックで最大32のプロセッサーコア、2TBのメモリ、40TBのNVMeストレージに対応し、高密度な仮想サーバーおよびソフトウェアデファインドストレージワークロードを最適化

シングルプロセッサーによる仮想化パフォーマンスの常識を変える「HPE ProLiant DL325 Gen10」は、デュアルプロセッサーを搭載した他社製品と比較した場合、仮想マシン(VM)1台あたりのTCOを大幅に削減します。

 

〈HPE Gen10サーバー プラットフォームの安全性を強化する「Silicon Root of Trust」〉

性能面のみにとどまらず、「HPE ProLiant DL325 Gen10」は、“世界標準の安心サーバー”として、「Silicon Root of Trust(シリコンレベルの信頼性)」の技術を通じて非常に高いセキュリティを確保します。自社開発の「HPE Integrated Lights-Out(iLO) 5」シリコンチップ内に不変のセキュアアルゴリズムを直接焼き付けることにより、感染したファームウェアコードをサーバーが実行しないようにします。起動時のみならずサーバー稼働中もファームウェアの改ざんの自動検知・復旧を行うという他に類を見ない優れたセキュリティ機能を有しているため、複雑化・高度化するサイバーアタックにおいて新たな脅威となっているサーバーのファームウェアレベルへのアタックから、お客様の重要なシステムを守ります。

「HPE ProLiant DL325 Gen10」に搭載されるAMD EPYCプロセッサーは以下の機能も有しており、「Silicon Root of Trust」と合わせてより強固なセキュリティの実現に寄与します。

  • セキュアなメモリの暗号化:メモリの全体、または一部を暗号化し、メモリハッキングやスクレイピングからデータを保護します。
  • セキュアな仮想化の暗号化:VMとハイパーバイザーは、個別の暗号キーを持ち、各VMを相互に、またはハイパーバイザー自体から隔離することで、共有ゲスト領域データへのアクセスを保護します。

 

〈中小規模の業務からエンタープライズ業務まで対応する幅広いAMDポートフォリオ〉

HPEは、長期間にわたりAMDと親密なパートナーシップを構築しており、AMDの主要パートナーとして、同社初のサーバー向けプロセッサーから最新世代のAMD EPYC プロセッサーまで、その設計、製品化に携わってきました。AMD Opteron™ X3000 プロセッサーを搭載の卓上サーバー「HPE ProLiant MicroServer Gen10」、AMD EPYC プロセッサーを2基搭載の2Uサーバー「HPE ProLiant DL385 Gen10」に続き、最新の「HPE ProLiant DL325 Gen10」など、AMDベースのサーバーポートフォリオを継続的に拡充しています。今後もさらにAMDとの協力関係を深め、新しいモデルを順次投入していく予定です。

 

<価格と販売時期>

製品名

希望小売価格(税抜)/販売開始日

HPE ProLiant DL325 Gen10
1P/8コア(2.1GHz)、8GB RAM、iLO 5搭載

499,000円~/2018年7月19日

〈本日発表の新製品に対するエンドースメント〉

日本AMD株式会社 代表取締役 林田 裕 様

「AMD EPYC SoCは、プロセッサーコア、メモリ、I/Oの最適なバランスを提供し、今日の多様なワークロードに高い柔軟性とパフォーマンスをもたらします。HPEと協力し、シングルプロセッサーの経済性とデュアルプロセッサーの性能を両立させた新しいHPE ProLiant DL325 Gen10は、妥協のないシングルプロセッサーサーバーとして、これまでにデュアルプロセッサーサーバーを必要としていたワークロードの処理を可能にします。

AMDは、日本のお客様にEPYCをご愛顧いただけるよう、長年に渡る日本ヒューレット・パッカードとのビジネスパートナーシップに基づき、今後も連携してお客様のサポートを行ってまいります。」