プレスルーム
www.hpe.com/jp/newsroom

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL:0120-268-186
(携帯、PHS:03-5749-8279)

2018年6月5日

日本ヒューレット・パッカード、Red Hat OpenShift Container PlatformによりHPE Synergyにコンテナ環境を実装

日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長執行役員:吉田 仁志、以下 日本ヒューレット・パッカード)は本日、オープンソースソリューションのリーディングプロバイダーであるRed Hatと共同で、企業がコンテナを、実稼動環境に対して、迅速かつ大規模に導入することを可能にするソリューションを発表しました。

開発者が、コンテナ化されたアプリケーションを、開発環境やテスト環境に展開することは比較的容易にできますが、企業が実際に実稼働環境に展開しようとすると、コンテナの拡張性、セキュリティの確保、永続データストレージの実現、および管理性などの課題に直面します。そこで、コンテナ化されたアプリケーションの本格的な展開を促進するため、日本ヒューレット・パッカードとRed Hatは、Red Hat OpenShift Container Platformを、業界初のコンポーザブル・インフラストラクチャである「HPE Synergy」上で稼動させ、実環境をふまえた最適な構成を実証いたしました。

日本ヒューレット・パッカードとRed Hatではまた、お客様のRed Hat OpenShift Container PlatformのHPEプラットフォームへの実装を、実証実験から実稼働にいたるまでサポートするサービスを提供します。両社はHPEのHCI基盤である「HPE SimpliVity」またはコンポーザブル・インフラである「HPE Synergy」とRed Hatのコンテナアプリケーション基盤 「Red Hat OpenShift Container Platform」をリファレンスアーキテクチャに沿って組み合わせ、構築サービス、教育サービスを一つにパッケージ化した「コンテナ Shift (シフト)パック」により、企業のオンプレミス基盤を、コンテナを活用したハイブリッドクラウド基盤に変革します。

「HPE SimpliVity」は、仮想基盤の迅速な配備を実現するハイパーコンバージドソリューションです。「HPE SimpliVity」の仮想基盤上でRed Hat OpenShift Container Platformを実装することにより、従来の使い慣れた仮想環境の運用を維持しつつ、データの重複排除機能と連携した、高速なバックアップやリストア、クローニング機能により、需要に追随した迅速なリソース配備を支援いたします。

「HPE Synergy」は、従来型の仮想化から、ベアメタル、コンテナといった、あらゆる環境を稼動可能な次世代の統合基盤 「コンポーザブル・インフラストラクチャ」 です。独自の高速プロビジョニング 「Image Streamer」や、Ansibleなどの構成管理ツールと柔軟に連携し、ベアメタル上で実装されたコンテナ稼働環境の、高速な配備を支援いたします。


「HPE Synergy」、および「HPE BladeSystem」担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるニール・マクドナルド(Neil MacDonald)は、次のように述べています。「エンタープライズデータセンターへの大規模なコンテナ環境展開は、単純な作業ではありません。HPEは、Red Hatとの長年の提携を通じ、Red Hat OpenShiftコンテナプラットフォームの概念立証から大規模展開までの導入と展開を加速します。両社のお客様は、HPEのSynergyコンポーザブルシステムや、Nimbleと3PARでのコンテナ環境向けのデータサービスをはじめとした、両社のサービス、サポート、およびテクノロジースタックを活用して、プラットフォームの近代化を進めることが可能になりました。」
日本ヒューレット・パッカードとRed Hatによる取り組みを通じ、IT専門家は開発から運用までひとつのコンテナアーキテクチャを展開できるようになりました。

Red HatのOpenShift担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるアシェシュ・バダニ(Ashesh Badani)氏は次のように述べています。「DevOpsとアジャイルなアプリケーション開発は、アプリケーション開発の加速とマイクロサービスアーキテクチャを実現し、お客様のデジタルトランスフォーメーションの実現を支えています。Red HatとHPEは共に、お客様がクラウドネイティブのアプリケーションとマイクロサービスを新たに開発するだけでなく、レガシーアプリケーションを近代化することのできるコンテナベースのソリューション提供を目指しています。」

Red Hat OpenShift Container Platformは、LinuxコンテナやKubernetesなどの業界標準、かつエンタープライズレベルのコンテナプラットフォームを提供する、コンテナソリューションにおけるリーディングプロダクトです。HPEのハイブリッドIT製品とサービス、およびRed Hat OpenShift Container Platformの統合は以下のメリットをもたらします。 

  • コンテナ移行サービス
    HPE Pointnextのコンテナ移行サービスは、お客様のRed Hat OpenShift Container Platformの迅速な導入と移行を支援します。

 

  • リファレンスアーキテクチャ
    拡張性を持つコンテナプラットフォームを開発から運用へ展開する際のベストプラクティスを提供する、「HPE 3PAR」、「HPE Nimble Storage」と組み合わせた「HPE Synergy」上でのRed Hat OpenShift Container Platformの検証済み構成を提供します。

 

  • コンテナ向けコンポーザブル・インフラストラクチャ
    仮想マシン、またはベアメタル上のコンテナと、従来のコンテナ化されていないアプリケーションを並行して実行する唯一の統合プラットフォームとして「HPE Synergy」を活用します。「HPE Synergy」はIT部門がひとつのインフラストラクチャ上で、仮想、ベアメタル、およびコンテナ化したリソースを適切に組み合わせて動的に構成し、ビジネスの俊敏性とリソース活用を高めることのできる唯一のプラットフォームです。

 

  • コンテナ向け永続ストレージ
    Red Hat OpenShift Container Platformのパーシステントボリュームフレームワークをサポートすることにより、開発者が必要に応じてストレージボリュームのデプロイと管理を行うことが可能になります。これにより、「HPE 3PAR」および「HPE Nimble」ストレージアレイにおいて、コンテナデータの保護、およびQoS(Quality-of-Service)設定が容易になります

 

  • 迅速な展開と自動化
    Ansibleプレイブックの完全なセットと、ステップごとのデプロイメントガイドにより、高可用性、ネットワーキング、ロードバランサー、永続ストレージ、コンテナデータ保護ポリシー、およびOSセキュリティを備えた、「HPE Synergy」上のRed Hat OpenShift環境の展開を自動化します。この自動化されたプロセスを通じ、実稼動に対応したRed Hat OpenShift環境の展開は、わずか2時間で完了することが可能です。

 

  • コンテナデータの保護
    HPE Cloud Volumes または HPE Cloud Bank Storageにより Red Hat OpenShiftコンテナプラットフォームのデータを、パブリッククラウドに容易にバックアップ、またはクラウドから復元することが可能となります。

 

  • より堅牢なセキュリティ
    スタック全体を保護するための様々なセキュリティツールを活用し、さらにHPE ProLiant Gen10の「シリコンレベルの信頼性」により、感染したファームウェアコードをサーバーが実行しないようにします。さらに「HPE Workload Aware Security for Linux (WASL) 」がOS、およびOSより下位のレイヤのセキュリティを向上します。

 

完全なHPE/Red Hat Pointnextサービス、Red Hat OpenShift Container Platformの詳細な展開ガイド、およびHPEのストレージと組み合わせた、「HPE Synergy」のためのAnsibleプレイブックは8月に提供予定です。スタンドアロンのソリューションであるだけでなく、展開ガイド、Ansibleプレイブック、およびHPEのOpenShift環境に対するストレージ統合機能は、無償でお客様に提供されます。

HPE Pointnextには、アプリケーションのコンテナ化とKubernetesへの組み込みをサポートする、包括的なアドバイザリーおよびプロフェッショナルサービスのポートフォリオが用意されています。お客様の迅速なRed Hat OpenShift Container Platform導入とコンテナ移行を支援するため、HPE Pointnextには2018年第4四半期後半に様々なRed Hat OpenShift Container Platform向けサービスが追加される予定です。