プレスルーム
www.hpe.com/jp/newsroom

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL:0120-268-186
(携帯、PHS:03-5749-8279)

2017年04月27日

日本ヒューレット・パッカードNTTコミュニケーションズとハイブリッドITの実現を促進

HPEが推進するハイブリッドITとNTTコミュニケーションズのクラウドサービスを相互に連携

2017年4月27日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

 

日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長執行役員:吉田 仁志、以下 日本ヒューレット・パッカード)は本日、企業向けシステムのハイブリッドIT化を促進するため、日本ヒューレット・パッカードのオンプレミスITプラットフォームにNTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:庄司 哲也、以下NTT Com)のクラウドサービス(Enterprise Cloud)を組み合わせたハイブリッドITソリューションの提供を開始することを発表します。 

企業向けシステムでは、ハイブリッドクラウドへの注目が高まる一方で、セキュリティ、ガバナンスへの対応、また高性能ハードウェア等を活用した処理が求められています。 
国内外でクラウドサービスとデータセンターサービスを提供するNTT ComとハイブリッドIT業界のリーダーである日本ヒューレット・パッカードが協力することで、お客様の真のハイブリッドIT環境の実現を支援します。 

今回、お客様のハイブリッドクラウドへのニーズに対し、日本ヒューレット・パッカードがNTT ComのEnterprise Cloudを提供すると同時に、お客様のオンプレミス環境のニーズに対しても、日本ヒューレット・パッカードが「HPEフレキシブルキャパシティ(FC)」によりオンプレミス環境へ「クラウドライク」なITの提供を実現します。 

また、ハイブリッドIT環境で、オンプレミスとクラウドの両環境上にPaaS/コンテナを実装し、アプリケーションの可搬性を高めることで、柔軟なシステム構成を組むことが可能になります。さらに、オンプレミスとクラウドのハイブリッドIT環境をサポートする保守サービスや契約窓口の一本化を通じ、運用・コストの見える化も推進します。例えば、オンプレミスで構築したシステムの負荷が増大したときにパブリッククラウドを活用するような場合に、オンプレミス環境も従量課金型(FC)で提供することで、システムの柔軟性とコストの最適化を実現します。 

「HPEフレキシブルキャパシティ」はオンプレミスで提供する従量課金型のサービスです。長い購買プロセスや過剰な初期投資なしに必要な時に即時にITリソースが調達可能なため、お客様はユーザー要求や市場状況に応じて利用された実際の使用量のみをお支払いいただくことが可能となり、オンプレミスとパブリッククラウドそれぞれのメリットを兼ね備え、高い俊敏性を持った新しい形のサービスです。(一定の月額基本使用量を設定します) 


〈本日の発表に対するエンドースメント〉
NTTコミュニケーションズ株式会社 
取締役 クラウドサービス部長  
森林 正彰 氏 

「NTT Comは、日本ヒューレット・パッカードが、ハイブリッドIT環境の実現・促進に向けて、NTT Comの企業向けクラウドサービス『Enterprise Cloud』と相互連携することを心より歓迎いたします。『HPE フレキシブルキャパシティ』と『Enterprise Cloud』とのハイブリッドクラウドの提供を通じ、これまで以上に多くのお客様にクラウドサービスをご活用いただけるように支援して参ります。」


 ハイブリッドITソリューションに関する情報は、以下のURLを参照してください。 
 https://www.hpe.com/jp/ja/solutions/transform-hybrid.html

 プレスルーム 
 www.hpe.com/jp/newsroom