プレスルーム
www.hpe.com/jp/newsroom

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL:0120-268-186
(携帯、PHS:03-5749-8279)

2017年10月20日

HPE、製造工場におけるアプリケーション導入を大幅に簡素化

「Express App Platform– Manufacturing」により、製造工場のデジタル変革を推進、
わずか6クリックで工場内運用型アプリケーションの導入を実現

本リリースは、ヒューレット パッカード エンタープライズ(本社:米国カリフォルニア州パロアルト、以下:HPE)が、2017年10月3日(現地時間)に発表した英文リリースに基づいて作成した日本語抄訳です。

HPEは本日、製造工場におけるアプリケーションの導入を大幅に簡素化し、レガシー(従来型)アプリケーションによる運用とスマートファクトリーアプリケーションによる運用の統合を可能にする新しいプラットフォームを発表しました。「Express App Platform – Manufacturing」は、世界最大のクラウドアグリゲータである「Cloud28+」と連携するオンプレミスソリューションです。メーカーは、同プラットフォームを活用することで、現在の運用を中断することなく、製造工場のデジタル変革を推進させることができます。

製造プロセスをデジタル化することは、運用コストの削減、柔軟性の向上、新しい収益源の開拓など、多くのメリットにつながります。一方、製造実行システム(MES: Manufacturing Execution Systems)といった従来のアプリケーションを最新のものに置き換えることは、複雑かつ困難です。また、アプリケーションをクラウドで実行することは、デジタル化を推進させる反面、データ保護、費用、遅延などの課題が伴います。「Express App Platform – Manufacturing」は、新旧両世代のアプリケーションを工場内で運用する単一プラットフォームで実行することで、製造工場のデジタル変革を容易にし、レガシーアプリケーションや自社開発アプリケーションを別々にホスティングする必要性を軽減します。

HPEのGlobal Manufacturing Industries担当バイスプレジデントであるフォルクハルト・ブレグラ(Volkhard Bregulla)は、次のように述べています。「従来の製造アプリケーションは、製造プロセスの安定した、かつ厳密な自動化を支えています。Express App Platform - Manufacturingは、そうした既存のアプリケーションによる運用のスマートファクトリーアプリケーションによる運用への統合を可能にし、現在のビジネス基盤に影響を与えることなく、より順応性の高い製造環境の構築を支援します。」

 

〈わずか6クリックで製造アプリケーションを導入〉

「Express App Platform – Manufacturing」では、シームレスに自動化されたプロセスにより、わずか6クリックで「Cloud28+」のカタログからアプリケーションを導入することができます。ハイパーコンバージドインフラである「HPE SimpliVity 380」をベースとする同プラットフォームは、「Express App Platform Intelligent Agent」を組み込み、「Cloud28+」のカタログから選択されたアプリケーションを安全にダウンロードし、Kubernetes に管理されたDockerコンテナ技術により、工場内の「Express App Platform」環境に自動的に展開します。また、インフラ自動化ソフトウェアである「HPE OneView」が、コンピュート、ストレージ、ファブリックにわたって必要なリソースのプロビジョニングと管理を自動化します。さらに、バックアップ機能と災害復旧機能を実装し、最高レベルのデータ完全性および可用性を確保します。

 

〈センサーデータインテリジェンスによる俊敏な自動化〉

「Express App Platform – Manufacturing」は、製造実行システムや先進プランニングおよびスケジューリング(APS: Advanced Planning and Scheduling)といった、工場と生産ラインをサポートする製造運用管理(MOM: Manufacturing Operations Management)アプリケーションだけでなく、IoTアプリケーションにも最適化されています。メーカーは、これらのアプリケーションを工場の現場で直接実行することで、運用管理と機械制御系システムとを統合し、センサーデータインテリジェンスによる製造プロセスの俊敏な自動化が可能になります。

「Express App Platform – Manufacturing」は、「HPE Edgeline IoTシステム」と連動し、生産ラインの近くで稼働させることで、センサーデータをリアルタイムに取得、分析、制御し、より迅速な洞察と俊敏性を提供します。

 

〈エキスパートが製造工場のデジタル変革をサポート〉

HPEのサービス組織であるHPE Pointnextでは、「Express App Platform – Manufacturing」向けにエキスパートによるアドバイザリーサービス、プロフェッショナルサービスならびにオペレーショナルサービスを提供しています。

  • HPE Factory Deploymentサービス -「 Express App Platform」環境の計画、設計、展開、統合をサポートします。
  • HPE Edge Applications Configuration and Integrationサービス - 「Express App Platform」上で実行するアプリケーションと企業アプリケーションや機械制御系システムとの統合をサポートします。
  • HPE Flexible Capacity for Express App Platform - オンデマンドの容量と従量課金ベースの支払いモデルにより、必要に応じたインフラ規模のスケールアップならびにスケールダウンや、実際の使用量に応じた料金の支払いを可能にし、クラウドのスピードと経済性をオンプレミスで、パブリッククラウドと同等、またはそれ以下のコストで実現します。

 

〈販売開始予定〉

「Express App Platform – Manufacturing」は現在、ヨーロッパ、中東、アフリカ各地のHPEから販売中です。グローバルでの販売は、2017年末の開始を予定しています。

 

〈「Cloud28+」について〉

「Cloud28+」は、利用者に合わせてカスタマイズされたソリューション、知識といったリソースを共通のプラットフォームで共有し、オンプレミスとオフプレミスの両方でシームレスなエクスペリエンスを提供することを目的としています。現在、サービスプロバイダー、ソリューションプロバイダー、独立系ソフトウェアベンダー、ディストリビュータ、システムインテグレータ、大学、公共機関など、56ヶ国に約600のパートナーを擁し、すぐに利用できる21,000以上のソリューションを提供しています。451 Researchが実施した最新調査(*1)によると、「Cloud28+」は、世界最大のクラウドアグリゲータとして報告されています。利用者およびパートナーは、「Cloud28+」のカタログをから信頼できるエンタープライズグレードのソリューションを容易に見つけ、アプリケーションをオンプレミスでインストール、またはローカルサービスプロバイダーから直接接続して導入することができます。Cloud28+のコミュニティおよびクラウドサービスカタログは、http://www.cloud28plus.comをご覧ください。

*1  451 Research:『ハイブリッドIT導入の推進に向け、HPEのCloud28+がAzure Stackにも対応』(2017年8月11日)