高度に接続された社会における通信業界の状況

通信業界は岐路に立っており、企業はその将来について下さなければならない決断があります。それは、ユーティリティプロバイダーのままでいるのか、総合的なデジタルサービスのサプライヤーに進化するのかということです。

コネクティビティはもはや特別なものではありません。現在は消費者の生活になくてはならない部分となっています。事実上すべての産業にとって必要不可欠な要素でもあります。スマートデバイスやスマートプレイスの台頭により、生活 (ビジネスや個人) のあらゆる側面が常につながっている世界が構築されています。これにより、接続の価値自体は高まっています。この接続環境の上に、無数の進化をもたらすビジネスモデルが構築されています。たとえばUberがそうです。しかし、多くの通信事業社は、その成功による利益を上げることができていません。

デジタルトランスフォーメーションへの挑戦。通信事業者は、世界中の通信が依存している既存のネットワークを運用し続ける必要があります。これは、トランスフォーメーションと、一貫した信頼性とのバランスをとる方法を模索することを意味します。巨大なデジタル企業やOTT (Over-The-Top) 企業は、通信環境、モバイルデバイスやネットワークシステムの技術の進歩をディスラプトし続けていますが、モノのインターネット (IoT) のような刺激的な新しいユースケースや、データの爆発的な増加により、通信事業者は新たな多様化の機会を与えられ、競争力を保っています。

今こそ、このデジタル化され、高度に接続された世界で、通信事業者はどのような役割を果たしたいのかを決断するときです。単なるユーティリティサービスとして機能しますか?それとも、それ以上の何かを提供しますか? 本格的なデジタルサービスプロバイダーに転換する企業もあれば、主に接続の提供にフォーカスする企業もあるでしょう。どちらの道でも、新しい顧客の期待に応えるために、通信事業者は、ネットワーク仮想化、クラウドテクノロジー、ハイブリッド運用モデルを採用してトランスフォーメーションを推進し、より優れた俊敏性、効率性、そしてイノベーションを実現する必要があります。お客様のビジネスは、改革が進むこの分野のどこを着地点するのでしょうか? 決めるのは今です。

この39ページにわたるレポートには、以下のトピックが含まれています。

 

  • スマートシティとスマートデバイス
  • 拡張インテリジェンス/ビッグデータ
  • バリューチェーンの崩壊
  • 変化する顧客ニーズ
  • 主要な収入源の崩壊

telco.nxt

単なるユーティリティの提供者であり続けるか?それとも包括的なデジタルサービスプロバイダーへと進化するか?―今、通信業界は大きな岐路に立たされています。そして、各社は未来を決める重大な決断を求められています。

enterprise.nxt

ITプロフェッショナルの皆様へ価値あるインサイトをご提供する Enterprise.nxt へようこそ。

ハイブリッド IT、エッジコンピューティング、データセンター変革、新しいコンピューティングパラダイムに関する分析、リサーチ、実践的アドバイスを業界の第一人者からご提供します。