公共部門の未来 - 市民中心のデジタル世界

デジタルイノベーションと人口統計の変化が、人民による、人民のための政府機関のあり方を変えようとしています。

デジタルディスラプションの時代においては、市民中心であるだけでは十分ではありません。公共部門は市民環境など市民動向に気を配る必要があります。製品やサービスからコミュニケーション手段まで、公共部門のすべての面が市民中心になる必要があります。

政府はもはや、政府と市民との関係を決定することができません。これはこれまでは人々が求めてきたことですが、彼らは今消費者としての顧客体験を求めています。

民間企業と提携して、すべてのタイプの人々や複雑なガバナンスを統括しながら人々との摩擦を取り除くには、多くの課題が発生します。また、投資とリスクも高くなります。デジタルイノベーションや人口統計の変化は、市民が政府に期待することがますます増えることを表しています。

公共部門と市民としての私達集団の未来を形作る世界的動向についての詳細は、58ページにわたる本レポートをダウンロードしてください。このレポートは、以下の章で構成されています。

 

  • 新しい市民を満足させる。年齢および国籍を問わず、グローバルにわたるすべての市民は、必要なサービスを、必要なときに、必要な形で公共部門が提供することを期待しています。
  • 政府のクラウドソーシング。市民により公開されたデータは際限のない仮想的な投書箱の性質を持つようになってきています。市民はそれを利用して、サービスをどのように変更すべきかを提言し、公共部門は同じデータセットを使用して、さらに市民が求めているものを判断しています。
  • 市民ディスラプター。シェアリングエコノミーやアイデアエコノミーが本格的になるにつれ、これまで公共部門に任せていた問題を市民や民間企業が解決するようになっています。
  • 政府のマルチチャネル化。公共部門とのやり取りはもう対面形式では行われません。新たなチャネルが用意され、市民と政府がやり取りする方法は、市民が望むコミュニケーション手段(ソーシャルメディアやデジタルプラットフォーム) に沿うものとなるでしょう。

 

市民のニーズや要求が予算を圧迫するので、政府機関は市民が必要とするサービスや情報を提供するアプローチを考え直す必要があります。これは、投資拡大や人材の再配分を意味するものかもしれません。

未来の公共部門は、結局のところ、人、ビジネス、物をつなげることによって公共的価値を高める必要があります。この価値は、クオリティ・オブ・ライフの向上、市民の経済的な繁栄、および今世紀のデジタルネイティブへの政府サービスのシームレスな導入の状況により測定されるでしょう。市民がより大きな力を持ち続け、必要なものを公共部門に要求し続けると、市民中心のアプローチは新しい国法になるでしょう。ただしその逆はありません。

政府がもっと効率よく、俊敏で、柔軟性があるようになり、そして経済的な成長の促進やクオリティ・オブ・ライフの向上を支援したり、持続可能な地域を作り出せるようになるにはどうすればよいのか。その詳細は、このレポートを参照してください。

citizen.nxt

デジタル革新と人口動態の変化によって「人民による、人民のための政府」の定義が変わる

enterprise.nxt

ITプロフェッショナルの皆様へ価値あるインサイトをご提供する Enterprise.nxt へようこそ。

ハイブリッド IT、エッジコンピューティング、データセンター変革、新しいコンピューティングパラダイムに関する分析、リサーチ、実践的アドバイスを業界の第一人者からご提供します。