人類と火星の距離を一歩近づける、 宇宙探査用コンピューティングの偉大な飛躍

火星に至る3,400万マイルの宇宙飛行では、乗組員の安全確保と正しい航路維持のため、地上より遥かに高いレベルの信頼性がコン ピューターに要求されます。太陽フレアや大きな気温変動によってクリティカルシステムが停止するような事態は、何があっても避けなけれ ばなりません。どうすればコンピューター機器が惑星間航行の過酷な環境に耐えうるのか。その理解を深めるため、HPEは、NASA、国際宇 宙ステーション、米国国立研究所、そして民間宇宙ベンチャーSpaceXの協力を得て、ソフトウェアで宇宙向けに「高耐久化」したHPEスー パーコンピューター「Spaceborne Computer」を打ち上げました。国際宇宙ステーションにおけるSpaceborne Computerの試験運用期間 は1年間。これは、火星到達にかかるのと同じ期間です。この試験運用は、宇宙船に搭載するコンピューターの耐久性を試し、人類を火星に 一歩近づける、偉大な飛躍となるでしょう。

 

「解決すべき課題 」: 宇宙環境に耐え得る「エネルギーシールド」をコンピューターに張る

大気圏外に出たコンピューターは、強い放射線や激しい気温変動に耐え、宇宙飛行士の生命を守らなければなりません。太陽系上で数 百万マイル離れた地球とのデータの送受信には30~40分もの時間がかかるため、危機的状況の回避には間に合いません。

 

「ソリューション」:  HPE Spaceborne Computerが導く、宇宙レベルの ハイパフォーマンスコンピューティング

SpaceX社のDragon Spacecraftと共に打ち上げられたHPE Spaceborne Computerは、国際宇宙ステーションでの1年間にわたる耐 性試験を開始しました。ソフトウェアにより堅牢性を強化されたSpaceborne Computerは、過酷な環境での整合性、信頼性、パフォー マンスについて試験され、未知の部分も大きい火星探査の実現可能性検討に役立てられます。

 

宇宙探索用コンピューティングのトレンド

 SpaceXのような民間宇宙ベンチャーとNASAが惑星間航行というフロン ティアに挑む中、データが集められる究極のエッジが「宇宙空間」です。自 律型の自己管理ソフトウェアを搭載したリアルタイムのハイパフォーマン スコンピューティング (HPC) は、宇宙飛行士の安全を確保します。そして、 太陽系の遠い彼方から届いた知見は地上のコアコンピューティングをさら に進化させ、これまでは想像すら不可能だった未来への扉を開くでしょう。

  • これこそが究極の『エッジコンピューティング』だと言えるでしょう。Spaceborne Computerは コンピューター史上もっとも距離の離れたエッジ̶宇宙の彼方で運用されるのですから。国際宇宙 ステーションにおける運用試験から得られた知見は、火星探査への道筋をつけるだけではなく、地 上でのコアコンピューティングやエッジコンピューティングの進化に貢献するでしょう。

     

    Eng Lim Goh 博士, ヒューレット・パッカード エンタープライズ バイスプレジデント, HPC & AI 担当最高技術責任者兼 Spaceborne Computer 主任研究員

火星の彼方へ: HPEは人類の次なる大きな飛躍をサポートします

ビデオを再生
0:15

人類と火星の距離を一歩近づける、 宇宙探査用コンピューティングの偉大な飛躍

未知の部分も大きい火星探査の実現可能性検討にHPE Spaceborne Computerが役立てられます。

enterprise.nxt

ITプロフェッショナルの皆様へ価値あるインサイトをご提供する Enterprise.nxt へようこそ。

ハイブリッド IT、エッジコンピューティング、データセンター変革、新しいコンピューティングパラダイムに関する分析、リサーチ、実践的アドバイスを業界の第一人者からご提供します。