銀行がデジタル化を絶好の機会にするには

銀行では、従来からの業務はもはや存在しません。新しいテクノロジー、業界への新規参入、および複数世代の顧客により、銀行業務は激変し、金融機関にとっては課題と大きな機会の両方が作り出されています。

デジタルディスラプションにより、産業の進化はこれまでにないほどに加速されています。革新的な銀行では、テクノロジーを使ってカスタマー・エクスペリエンスを向上させ、その製品やサービスを強化し、コア事業を合理化しています。これにより、新興のFinTech企業がその存在感を高めている中であっても、市場での位置を強固なものにしています。

何世紀も続いた旧来のやり方を変えるのは簡単なことではありませんが、他に選択肢はありません。成功した銀行は、ディスラプションを受け入れ、テクノロジーを利用することでデジタル化を機会へと変えています。

この70ページにわたる詳細レポートには、デジタルトランスフォーメーションに向けたステップを決めるのに必要な、業界固有の有益な情報と実用的なアドバイスが記載されています。このレポートは以下の章で構成されています。

  • 一人は皆のために、皆はFinTech企業のために - FinTech企業が金融業界に参入し始めたとき、銀行は諸手を挙げて歓迎することができませんでした。今では、これらの機敏な新興企業が強固な業界にもたらす潜在的な機会を認識しています。
  • 外貨両替 - 常時接続環境にいる一人の大衆が、装置不要、または金融機関と政府による監視が不要な新しいお金の両替方法を考案しました。これは不換通貨の終焉の幕開けでしょうか?
  • お金に支配されない - 銀行がよりデジタル志向になれる方法を考えるとき、その過程で、重要な差別化要因である、確固たる顧客基盤を忘れるわけにはいきません。
  • 機会とはリスクである - デジタルバンキングにより、新たにセキュリティの不安が発生しますが、同時に機会を生み出します。


このレポートでは、銀行に影響を及ぼす以下のことについて探ります。

  • 顧客が第一に。金融業界のデジタル化に関して言うと、すべての兆候が顧客に直結するものです。顧客のニーズがデジタル時代に即応するものであれば、銀行は、すべての世代の顧客が期待する安全で信頼性の高い確実な顧客体験を提供しながら、デジタル化に進む必要があります。
  • ディスラプションは前例のない機会を創出。過去の変化の要因とは異なり、ディスラプションは保守的な応急処置ではなく、プロアクティブな問題解決が行われるため、イノベーションと創意工夫が促進されます。そのため、銀行はそれらの保護に向けて、土台から作り直す全体的なアプローチを導入し、資金やリソースを再配置して安全対策を再考する必要があります。
  • データから得られた情報による意思決定が必要。銀行が新しい事業活動の方法を受け入れるかどうかによって、新しいデジタル環境における自分達の運命が決まります。データを分析し、結果から生まれるインサイトを事業の決定や顧客サービスに適用することにより、銀行はFinTech企業のパートナーとしてより適切に位置づけられます。

 

デジタルディスラプションは、本質的には偉大な進歩の幕開けであり、銀行はその運命を切り開くことが可能となります。多くの課題もありますが、銀行は成長できる格好のポジションにいます。詳細は今日このレポートで確認してください。

banking.nxt

既存の銀行こそ、真の金融サービス改革の旗手である。

enterprise.nxt

ITプロフェッショナルの皆様へ価値あるインサイトをご提供する Enterprise.nxt へようこそ。

ハイブリッド IT、エッジコンピューティング、データセンター変革、新しいコンピューティングパラダイムに関する分析、リサーチ、実践的アドバイスを業界の第一人者からご提供します。