2019年1月17日

企業が好条件を提示して新しいITスタッフを引き付ける方法

技術者が求める給与を支払うことができない企業の皆様のために、この記事では、非常に優秀なITスタッフを引き付ける別の方法とともに、「給与の増額」が叶わない場合に応募者が求めることのできる条件について解説します。

最終面接が終わってIT部門の雇用責任者が感銘を受け、応募者が期待に胸を躍らせたら、次は交渉です。

条件の交渉はどの企業にとっても課題であり、IT部門の人材と雇用のための予算が少ない場合は、特にそのように言えます。需要のあるITスキルを持つ応募者は、報奨に関して高い、そして場合によっては非現実的な期待を抱いています。

また、その期待のすべてが非現実的なこともあり、Robert Half社の『2018 Salary Guide for Technology Professionals』によると、セキュリティやビッグデータ分析といった非常に重要な領域の専門知識を売りにする、ベテランのITプロフェッショナルやある程度経験があるITプロフェッショナルは、6桁もの給与を求めています。

それと同時に、ITスタッフと雇用に関するIDG社とHewlett Packard Enterprise社の調査では、半数を超える回答者(58%)が頻繁に、または何度も支払えないレベルの給与を求めてくる応募者に出会っており、セキュリティの専門知識を持つ人材を求めている場合は、さらに困難な課題に直面していることが明らかになっています。

昇給か年末の賞与で少しずつ給与を増やすのが選択肢とならない場合もありますが、その場合、IT部門の雇用責任者はどのようにして優秀な人材を引き込めばよいのでしょうか。また、自分自身が応募者だった場合は、何を求めればよいのでしょうか。

金がものをいうのは間違いなく、IDG社とHPE社が実施した調査では、調査対象となった100人のシニアITマネージャーのうち、有力な候補者が最初の提案を断った場合、1番最初に報奨を引き上げると回答した割合は32%でした。

ただし、CIOやIT部門の雇用責任者は、雇用のためのツールキットに含まれる数多くの手段を活用して好条件を提示し、最高の人材を引き付けることができます。このような手段としては、高額な給与を支払う代わりに別の手当を用意したり、柔軟に働けるようにしたりといったことが挙げられます。たとえばこの調査では、IT部門の有力な候補者は、より柔軟なスケジュールの調整や育児が可能であること(13%)、または在宅勤務の機会が与えられること(12%)を条件として、提案を真剣に検討しようという気持ちになる可能性があることが明らかになっています。

企業がITのスキルを持つ最高の候補者を組織に引き込む方法は他にもあります。この調査によると、他社に負けない手当と多様な性を受け入れる従業員の育成は、大部分の候補者にとって魅力的なポイントであり、企業が急速に進歩を遂げた部分でもあります。その一方、今日の求職者は、先進的なワークスペース、柔軟なスケジュール、および幅広い年齢層を受け入れる文化を就職候補の企業の重要な属性と考えています。

IT部門の雇用責任者は、チームの予算で高額な給与を支払えない場合、在宅勤務などを技術者の雇用の条件として提示することが重要です。一方技術者は、就職を希望しており企業側もそれを望んでいると思う場合、こうした条件を求めることが重要です。たとえば、交渉のときに休暇の追加を希望すれば、その企業の予算から費用が捻出されなくても、実質的に価値を得ることができます。

それでもやはり、IDG社が調査を行った組織の多くは、このような特典を設けるためにしなければならないことが他にもあると認識しており、たとえば、28%はソフトスキルのトレーニングを改善する必要があると述べています。さらに25%は、他社に負けない報奨パッケージの用意や候補者にアピールできるようなワークスペースへの投資が十分ではないと答えています。

新たな人材を引き付けるための手当を微調整したりプログラムを作成したりする余地があるのは確かですが、多くのITマネージャーは、自社が予算を増やして報奨を引き上げること以外の部分でも前進していると感じています。これについて、IDG社の調査では、小規模企業は昇進の機会が増えているという点で大きく進歩しており(43%が自社を非常に良い、または優れていると評価)、大企業はより多様な文化を受け入れる従業員の育成(44%がこの目標を素晴らしい、または非常に良いと評価)で成功を収めているということが明らかになっています。

厳しい雇用情勢の中で優秀なITスタッフを採用しようとする場合、予算を自由に使えることは確かにメリットになりますが、給与は今日のプロフェッショナルの気持ちを動かす要素の1つにすぎません。このような採用するのが難しいITスタッフを確保するにあたっては、他社に負けない報奨に柔軟なスケジュールやキャリア開発とトレーニングに重点を置くプログラムなどの現代的な特典を最適な形で組み合わせるのが効果的であると思われます。

この記事/コンテンツは、記載されている個人の著者が執筆したものであり、必ずしもヒューレット・パッカード エンタープライズの見解を反映しているわけではありません。

enterprise.nxt

ITプロフェッショナルの皆様へ価値あるインサイトをご提供する Enterprise.nxt へようこそ。

ハイブリッド IT、エッジコンピューティング、データセンター変革、新しいコンピューティングパラダイムに関する分析、リサーチ、実践的アドバイスを業界の第一人者からご提供します。