エバンジェリスト

ヒューレット・パッカードエンタープライズ(HPE)が誇る、IT分野のあらゆるエキスパートをご紹介。エバンジェリストがあなたのビジネスをサポートします

エバンジェリスト一覧表

名前エバンジェリスト
山中 伸吾HPEエバンジェリストリーダー HPE総合エバンジェリスト
井上 陽治HPEテクノロジー エバンジェリスト
及川 信一郎ハイブリッド・インフラ エバンジェリスト
小川 大地仮想化・統合基盤テクノロジー エバンジェリスト
川上 潔ストレージプロフェッショナルサービス エバンジェリスト
古賀 政純オープンソース・Linuxテクノロジー エバンジェリスト
重松 隆之通信メディア エバンジェリスト
土田 隆文クラウドインテグレーション エバンジェリスト
長島 洋子環境 エバンジェリスト
増田 博史セキュリティ エバンジェリスト
三宅 祐典The Machine エバンジェリスト
吉岡 祐ビッグデータ エバンジェリスト

山中 伸吾
(Shingo Yamanaka)

詳細情報

山中 伸吾
Shingo Yamanaka

HPEエバンジェリストリーダー
HPE総合エバンジェリスト

お客様へメッセージ :「HPEにしか作れない製品・ソリューションをみなさまに」

ハードウェアの開発には、経験や知識がものを言います。HPEには、アメリカの企業としては珍しく、長期にわたり同じ会社で働いてきたハードウェア開発に熟知したエンジニアが多数在籍しております。彼らの存在はHPEのコアコンピタンスであり、HPEにしか作れない製品を数多く世の中に提供しております。また、HPEはこの能力をさらに高めるために、この数年で、多くの分社と買収を繰り返しております。我々の製品がお客様のIT戦略にとってどのような貢献ができるかをわかりやすく説明させていただきます。

 

プロフィール

2003年よりHP BladeSystemの日本でのプロダクトマネージャーに就任。寸劇等を活用したわかりやすい製品紹介を通じて、ブレードサーバー国内シェアNo.1を達成。2008年より、フラッグシップサーバーであるHP Superdomeのプロダクトマネージャーに就任。ミッションクリティカルシステムの改革を提唱し、年率200%超の売上を達成。2012年より日本を含めたアジア地区全体のプロダクトマネージャーに就任。2016年より日本に戻り、HPEの様々な製品やソリューションをご紹介するHPE総合エバンジェリストに就任。2014年よりエバンジェリスト育成プログラムを立ち上げ、HPEのエバンジェリストリーダーを務める。

 

カバーエリア

HPE戦略、企業経営におけるITの役割、将来のITインフラテクノロジー、Hybrid IT、クラウド、HCI、コンポーサブルインフラ、HP-UX、ミッションクリティカルx86システム、サーバー消費電力

 

関連キーワード

HPE戦略、Hyper Converged、HCI、ハイブリッドクラウド、ハイブリッドIT、SimpliVity、Synergy、HP-UX、ミッションクリティカルx86システム、The Machine、高信頼性機能、RAS機能、Superdome、ブレード、サーバー消費電力、データベースロックリリース

井上 陽治
(Yoji Inoue)

詳細情報

井上 陽治
Yoji Inoue

HPEテクノロジー
エバンジェリスト

お客様へメッセージ : ビッグデータ・IoT時代に向けて次世代IT基盤の構築をお手伝いします

ビッグデータ、IoT時代により重要度が増すデータ。そんなデータ中心の時代に最適なITインフラを再定義、再構築します。今後、高速処理をするデータと大容量データの二極化が起こりますが、途方もない量のデータが無秩序に生成されるこれからの時代には、低コスト、低消費電力、高拡張性のデータ中心のインフラ・ストレージが求められます。これらの課題を解決するためのお手伝いをいたします。

 

プロフィール

IT業界でハードウェアの設計を10年経験した後、日本ヒューレット・パッカードに入社。ストレージエンジニアとして17年目を迎え、現在はSDS(Software Defined Storage)・ハイパーコンバージド・コンポーザブルインフラストラクチャのスペシャリストとして活動。SDDC(Software Defined Data Center)とシームレスなマルチクラウドを実現する、次世代IT基盤の提案をおこなう。大容量データを扱う放送映像業界、学術研究分野の知識も豊富。著書にオーム社「ストレージ技術―クラウドとビッグデータ時代」、日経BP社「すべてがわかるストレージ大全」などがある。

 

カバーエリア

ストレージ技術、ストレージソリューション全般、ソフトウェアデファインドデータセンター、大容量データ保護、大容量データ保護、長期データアーカイブ、メディア&エンターテイメント、放送映像業界、学術系(ゲノム研究)、 HPC、ハイブリッドクラウド、テープストレージ技術

 

関連キーワード

HPE戦略、ソフトウェアデファインドデータセンター、ソフトウェアデファインドインフラストラクチャ、ソフトウェアデファインドストレージ、ハイパーコンバージド、HCI、マルチクラウド、ハイブリッドクラウド、ハイブリッドIT、SimpliVity、Synergy、コンポーザブルインフラストラクチャ、The Machine、次世代メモリー技術、バックアップ、ディザスタリカバリー(DR)、アーカイブ、ビッグデータ、オブジェクトストレージ、データ長期保存、データ保護

及川 信一郎
(Shinichiro Oikawa)

詳細情報

及川 信一郎
Shinichiro Oikawa

ハイブリッド・インフラ
エバンジェリスト

お客様へメッセージ : ハイブリッド化が進むインフラストラクチャをシンプルに

企業が求める IT は、机の上に置かれるマイクロサーバーから、リージョンを跨いだマルチクラウドまで、ハイブリッドに組み合わせる時代になりました。技術の選択肢が増えエキサイティングな反面、お客様にとってどんな選択がより良いものなのか、判断が難しくなっています。
ハイブリッドなインフラストラクチャをどう作るのか、どんなサービスや製品を組み合わせれば良いのか。バイモーダルと言われるように多様化したインフラをどうシンプルにするか。インフラにフォーカスした立場から、お話しさせて頂きたいと思います。

 

プロフィール

一貫してプリセールスの立場から、お客様のシステム導入を支援。草創期にあったマイクロソフト社のサーバー製品を中心に、x86サーバーの提案を続ける。ベンチャー企業を支援するエンジニアとして、マンションの階段裏で動くホワイトボックスをトラブルシュートした事も。テレコム業界を10年担当、ハイビジョンコンテンツのネットワーク配信プロジェクト等に携わる。その後も、VDI、仮想化基盤などx86サーバー技術にフォーカスして活動。2015年からx86サーバー製品のプリセールス部門をリード。

 

カバーエリア

Industry Standard Servers、
HPEで一番小さいサーバーTM200から、コンポーザブルインフラであるHPE Synergyに至るx86サーバー群。Windows サーバ環境とMicrosoft Azureの連携。Mesosphere Enterprise DC/OSなどデータセンターインフラソフトウェア。

 

関連キーワード

ハイブリッドIT、ハイブリッドインフラストラクチャ、HPE Synergy、HPE ProLiant、Microsoft Azure Stack、Mesosphere Enterprise DC/OS。

小川 大地
(Daichi Ogawa)

詳細情報

小川 大地
Daichi Ogawa

仮想化・統合基盤テクノロジー
エバンジェリスト

お客様へメッセージ : 仮想化された IT インフラの “Next Action” は?

「仮想化」というサーバーインフラの革新的技術が普及を始めて10年。仮想化は、もはや“当たり前”であり、つい最近まで垂直統合基盤と揶揄されたコンバージドインフラストラクチャも、Software-Definedの力を取り入れたHCI (ハイパーコンバージドインフラ) に進化するなど、たった10年ですがテクノロジーや製品は驚くほど大きく移り変わってきました。
既存の仮想化システムが更改時期を迎えつつあるなか、次期基盤には、どのようなテクノロジーが最適で何を選んでいくべきか。ハードウェアに深く精通しながら VMware や Microsoft といったソフトウェアベンダーより最高峰のアワードを受賞しているスペシャリストが、ニュートラルな立場を維持しつつお客様と会話していきたいと思います。

 

プロフィール

SAN ストレージの製品開発部門にてBCP/DRやデータベースバックアップに関するエンジニアリングを経験後、2006年日本ヒューレット・パッカードに入社。x86サーバー製品のプリセールス部門に所属し、WindowsやVMwareといったOS、仮想化レイヤーのソリューションアーキテクトを担当。現在は、ハードウェアとソフトウェアの両方の知見を活かし、この分野におけるHPE日本法人の第一人者として、お客様の仮想化基盤やインフラ統合の導入プロジェクトを、システムデザインの視点から支援しています。
Microsoft MVPを8年連続、VMware vExpertを6年連続で個人受賞。
日経BP・ITmedia・@IT・翔泳社・インプレスジャパンなどで数々の技術連載やビジネス連載の執筆も。

 

カバーエリア

仮想化基盤、統合インフラ (コンバージドインフラストラクチャ、ハイパーコンバージドインフラ)、ソフトウェアデファインド、ハイブリッドクラウド、データセンターインフラ設計、サイジング、災害対策、Windows 基盤、デスクトップ仮想化、シンクライアントソリューション

 

関連キーワード

HPE SimpliVity、Synergy、Azure Stack、Hyper Converged Systems、ConvergedSystems、ProLiant Servers、 BladeSystem、 Moonshot、VDI、HDI、Windows、Hyper-V、VMware、Citrix

川上 潔
(Kiyoshi Kawakami)

詳細情報

川上 潔
Kiyoshi Kawakami

ストレージプロフェッショナルサービス
エバンジェリスト

お客様へメッセージ : 製品能力を最大限に引き出すサービスで、お客様のビジネスゴール達成をお手伝いします

デジタルデータはビジネスを行う上で、必要不可欠な要素のひとつです。
デジタルデータを適切に保護し、効率的に取り扱うことは、業種を問わず今まで以上に重要となっています。
ストレージソリューションをお客様に導入し続けている現役のエンジニアとして、多数の実装経験、忘れ去りたいトラブル経験を元に、ストレージ導入・保守、運用に関する「勘所」をお伝えします。
すばらしい製品と製品の能力を最大限に生かすサービスで、お客様のビジネスゴール達成に向けたお手伝いをさせていただきます。

 

プロフィール

入社後2年間、製品プリセールスとして提案活動を実施。
さらに深い知識をお客様に提供したいという思いから、テクニカルコンサルタントに転身。お客様の業界、業種を問わず、ストレージソリューションを軸に多数のITインフラの提案、導入、実装を経験。
HPE 3PAR StoreServ 7000リリース時、日本で唯一の3PAR Subject Matter Expert (特定分野の専門家) となり、日本のお客様に合わせたハードウェア・ソフトウェア導入サービス (定型サービス) の開発、実装を担当。
ナレッジの共有が、トラブルの少ないシステム提供につながるという信念の元、自身の失敗談と教訓を社内外に伝えることをライフワークとしている。
多数の実装経験を元に、お客様、HPEパートナー様向けにツボをおさえた技術セミナーを実施し、HPEファンを増やすため活動中。

 

カバーエリア

エンタープライズストレージ、データ保護(バックアップ、リストア)
データ移行、ディザスタリカバリ、データアーカイブ、大規模インフラ導入プロジェクト、Hybrid IT

 

関連キーワード

データ保護、アーカイブ、データ移行、ディザスタリカバリ、3PAR StoreServ、StoreOnce、Recovery Manager、Storage Area Network、トラブル、導入サービス、データ保護、Hybrid ITアセスメント

古賀 政純
(Masazumi Koga)

詳細情報

古賀 政純
Masazumi Koga

オープンソース・Linuxテクノロジー
エバンジェリスト

お客様へメッセージ : HPEのテクノロジーを日本のお客様の原動力に

革新的なテクノロジーは、オープンソースから生まれることが少なくありません。オープンソースの世界は、技術革新が速いため、先進技術だけに目が奪われがちです。しかし、HPEは、先人達が培った豊富な経験と知恵、そして最新テクノロジーと人材力を融合し、お客様の課題解決に当たります。私は、グローバル・テクノロジーカンパニーであるHPEの素晴らしい技術、経験、ノウハウ、そして熱意を日本のお客様の原動力にしたいと考えています。

 

プロフィール

兵庫県伊丹市出身。1996年頃からオープンソースに携わる。2000年入社後、UNIXサーバーのSE及び並列計算プログラミング講師を担当。科学技術計算サーバーのSIの経験も持つ。2005年、大手企業のLinuxサーバー提案で社長賞受賞。2006年、米国本社からLinux技術のエバンジェリストとして2年連続表彰される。オープンソースを活用したサーバーのSEとしてプリセールスMVPを4度受賞。現在は、Hadoopを軸にオープンソースを駆使するサーバーのSEとして、技術検証及び執筆に従事。Red Hat Certified Engineer、 Novell Certified Linux Professional、Red Hat Certified Virtualization Administrator、EXIN Cloud、HP ASE、Red Hat OpenStack、Hadoop(CCAH)の技術者認定資格を保有。著書に「Mesos実践ガイド」、「Docker実践ガイド」、「OpenStack 実践ガイド」、「CentOS 7実践ガイド」、「Ubuntu Server実践入門」などがある。HPE公式ブログ執筆者。趣味はレーシングカートとビリヤード。

 

カバーエリア

ビッグデータ基盤、コンテナ基盤、データセンターOS、KVM仮想化、サービスプロバイダー、ホスティング、スケールアウト型サーバー基盤のオープンソース活用、Linux/FreeBSDサーバー基盤自動化技術、科学技術計算システム(スーパーコンピューター)

 

関連キーワード

Hadoop、Docker、Mesosphere DC/OS、Red Hat Storage、CentOS、Red Hat Enterprise Linux、FreeBSD、SUSE Linux Enterprise Server、Canonical Ubuntu Server、Debian、Scientific Linux、OpenStack、Red Hat Enterprise Virtualization、High Performance Computing(HPC)、高密度実装サーバー、スケールアウト

重松 隆之
(Takayuki Shigematsu)

詳細情報

重松 隆之
Takayuki Shigematsu

通信メディア
エバンジェリスト

お客様へメッセージ : バズワードに関する最新情報はお任せください!

日本ヒューレット・パッカードにおいて通信・メディア、エンターテイメント業界のお客様へ最新のビジネス・業界および技術動向をとらえ、お客様のビジネスに役立つ、情報、ソリューションをご提供することをモットーに仕事をしております。皆さんの期待に応えられるように情報共有していきたいと思います。

 

プロフィール

1990年に現在の日本ヒューレット・パッカードに入社し、様々な業界のお客様を担当させていただき、システムを構築してきました。新しいものが好きで最新の技術にはすぐ飛びついて提案、システム構築を行ってきました。最近は業界特化のCTOとして通信事業者様を中心に、メディア、エンターテイメント業界のお客様を担当に情報提供をしております。

 

カバーエリア

通信、メディア、エンターテイメント業界に関わる全般、NFV、IoT特に最近はAI(Deep Learning)に力を入れています。

 

関連キーワード

IoT/AI/NFV/5G/MEC(Multi Access Edge Computing)

土田 隆文
(Takafumi Tsuchida)

詳細情報

土田 隆文
Takafumi Tsuchida

クラウドインテグレーション
エバンジェリスト

お客様へメッセージ : クラウド技術で次のステップへ。お客様と共に変わってゆくパートナーになる

新たなアイディアを生み出し、そこからいかに短期間でビジネス価値を創出できるか。この考えが非常に重要になってきています。また、それを支えるテクノロジーの採用が求められています。クラウド技術はこの1つです。これにより、開発プロセスや運用プロセスを共通化できる、効率的にリソースを活用し、素早く多くのアプリケーションを展開できる、そんなメリットが期待されています。ただし、エンタープライズでの活用においては、いくつかの課題が存在します。こうした状況において、クラウド技術をどのように捉え、自社の次期基盤にどう活かすべきなのか。具体的に次のステップを示し、みなさまと一緒に変わっていけるパートナーとなります。

 

プロフィール

2005年に日本ヒューレット・パッカード株式会社へ入社。UNIX技術をベースとした、製造系・金融系企業のミッションクリティカルプラットフォーム設計・構築プロジェクトなどに参加。その後、仮想化技術をベースとした、運輸・流通系企業のMDシステム基盤などの設計・構築プロジェクトにてプロジェクトマネージャーとして活動。2011年から、クラウドソリューションを中心としたマーケティング、プリセールス、ソリューション開発を担当。2015年からは特に、"Mode2"と呼ばれるようなクラウドソリューションの、日本のエンタープライズITへの適用という観点で、ビジネス開発ならびにプリセールスを担当。

 

カバーエリア

コンテナをはじめとするクラウド技術活用、開発効率化、Mode2への変革

 

関連キーワード

コンテナオーケストレーション、PaaS、CI/CD、Mode2、バイモーダル、Dev/Ops

長島 洋子
(Yoko Nagashima)

詳細情報

長島 洋子
Yoko Nagashima

環境
エバンジェリスト

お客様へメッセージ :より少ない資源で、より多くの成果を、HPEと

あらゆるものがデータを生み出すデータ爆発の時代を支えるITインフラは、需要をまかないきれないほどの電力やスペースを必要とします。また、SDGs(持続可能な開発目標)でも示されているように、社会的課題の解決には企業やテクノロジーの力が欠かせません。HPEは、ビジネスと社会的課題の解決は一体であるという考え方Living Progressを根底に、最先端の環境配慮型製品・サービスを通じ、全世界のお客様のITによる環境負荷やコストの削減に貢献。世界最大規模のサプライチェーン、自社の事業活動における努力についても高い評価をいただいています。また、ITの恩恵を受けられない人々へも貢献することを目指しITで世界を変えるアイディアを一般公募、短期間で実装するLiving Progress Challengeも実施しました。テクノロジーと人材を活用した環境・社会的課題への取り組みをお客様の関心に合わせて紹介いたします。

 

プロフィール

EDSジャパン(現DXC Technology)にて自動車業界の世界標準である製品含有物質管理ツールIMDSを担当。2011年より現職(環境推進部 担当部長)。海外の企業の社会的責任(CSR)ランキング等で高く評価されているHPEの環境・紛争鉱物への取り組みを日本のお客様、メディア等に紹介。HPE Day Tokyo 2016 基調講演 「サステナビリティ」を加速する、UNEP(国連環境計画) IECT Conference (HPのケニアにおけるリサイクル施設第1号の設立事例発表)、日経エコロジー緊急セミナー『知らないでは済まされない「紛争鉱物」規制の衝撃』等。HPE社員ボランティア活動として児童養護施設出身者のアフターケア施設支援若年無業者の就業支援プログラム支援等に参加。

 

カバーエリア

HPEのテクノロジーを生かした環境問題解決への取り組み、環境配慮型製品、製品リサイクルプログラム、有害物質削減、事業活動およびサプライチェーンにおける環境負荷の測定と軽減

 

関連キーワード

省エネ、CO2、フットプリント、廃棄物、リサイクル、含有化学物質、RoHS、グリーン購入、エコラベル、紛争鉱物、責任ある調達、(グローバル)環境経営、HPE Living Progress、グローバルシチズンシップ、SDGs

増田 博史
(Hiroshi Masuda)

詳細情報

増田 博史
Hiroshi Masuda

セキュリティ
エバンジェリスト

お客様へメッセージ :備えあれば憂いなし。納得のいくセキュリティを一緒に考えましょう!

働き方改革やIoT等で価値が増すほど、リスクも増えます。特にサイバー脅威は、世界規模の戦争やパンデミックの次元に突入しました。
これからの日本の企業にとって、セキュリティは最も重要な課題の一つです。
何をどこまでやればいいのか?いかに事業を継続するか?などの本質的な課題について、お手伝いしてまいりたいと思います。

 

プロフィール

大手企業のシステム導入や中央官庁の運用SEを経験した後、複数の外資系セキュリティベンダーにて、システムエンジニア、マーケティングおよびビジネス開発として、企画、提案、設計、導入に渡って従事。
世界初となるセキュリティ製品の開発や導入プロジェクト等を推進した。
日本ヒューレット・パッカード入社後は、複数のセキュリティ部門を歴任し、
アジアパシフィックジャパン地域統括責任者に就任した。
現在は、日本ヒューレット・パッカードにて、セキュリティおよびバックアップ等の総合的なリスクマネジメント領域を推進する。

 

カバーエリア

セキュリティ全般

 

関連キーワード

セキュリティ、リスクマネージメント

三宅 祐典
(Yusuke Miyake)

詳細情報

三宅 祐典
Yusuke Miyake

The Machine
エバンジェリスト

お客様へメッセージ :The Machine が世界を革新し、「あの日想っていた未来」を実現します

ワークロードが多様化し、日常のあらゆる場所にコンピューターが行き渡った現在、思い描いていた未来には未だ行き着いていない、更なるブレイクスルーが必要なのではないか、そんな想いを持たれている方が多いと思います。そんななかささやかれる「ムーアの法則」の終焉。今の形のコンピューターは限界ではないのか、という不安もあることでしょう。HPEは新たなコンピューターの研究The Machineプロジェクトを通してメモリ主導型コンピューティングの開発を進めています。パーシステントメモリやフォトニクスに代表される、新たなコンポーネント技術がここ数年活発になっており、これらを組み合わせた新しいアーキテクチャで子供の頃に夢見た未来を現実のものにしていく、そんなHPEの技術革新の最新情報を皆様にお伝えしていくと共に、新技術をビジネスに活かすお手伝いをさせて頂きます。

 

プロフィール

マレーシア出身。日本ヒューレット・パッカード株式会社に入社後、手作りブロードバンドルータの作成からプロのエンジニアとしてのキャリアをスタート。プリセールス部門を発足と共に、データベースとHP-UXを技術バックグラウンドにパートナープリセールスを10年以上に渡って担当。種々の大型プロジェクトに関わる。2015年より現職でミッションクリティカルシステムを中心に担当。HPEがThe Machineを発表したタイミングから 、World Wide の公式The Machine エバンジェリストに就任。ブログ、Web、イベントなどで啓発を行う。2016年から、IoTコンピテンスセンター長を兼任。

 

カバーエリア

The Machine、パーシステントメモリ、メモリ主導型コンピューティング、IoT、エッジコンピューティング、インテリジェントエッジ、ミッションクリティカル、データベース、インメモリ技術、デジタルコア、パートナーソリューション協調。

 

関連キーワード

The Machine, Edgeline, IoT, データベース, Superdome, NVDIMM, Storage Class Memory, Persistent Memory, memristor、HP-UX, Integrity Server

吉岡 祐
(Tasuku Yoshioka)

詳細情報

吉岡 祐
Tasuku Yoshioka

ビッグデータ
エバンジェリスト

お客様へメッセージ :経験と勘に頼る経営方針と実行からデータを活用した正しい投資判断にシフトしませんか。また、システム全体を横串に分析する基盤や組織間で分散しているデータの統合方法についてお客様と一緒に最適化して行きましょう。

経営者はビジョンを示し、会社の向かう方向性を指示します。しかし、その方向性が果たして正しいのかどうか、少なくともデータを活用した分析を行う事で、より大胆に正しい方向性を確認する事が可能となります。実際にはデータを中央集権化して統合し分析基盤を構築していく必要があります。その際に是非我々に御社の支援をさせて下さい。各組織間の調整もデータサイエンティストが支援していきます。最初は疑心暗鬼であり、本当にビジネスを伸ばすことが可能なのかと疑われると思いますが、実際には多くのお客様で売上増とコスト削減を実現しております。

 

プロフィール

ビッグデータという言葉が世の中に広まる頃、社内でビッグデータコンサルタントとして業務を開始しました。これまでに、データ分析基盤構築、データ分析、データを元にした経営改革などに取り組んでまいりました。それまではデータを保管するストレージのコンサルティングサービスを担当するコンサルタントでしたが、現在はストレージの中身のデータ及び最新の手法を用いたデータ保管運用の方法などに知見があります。更に其の前職では印刷機のソフトウェア技術者として画像解析を専門としておりました。
これから同様に様々なデータを元にした経営改革の支援を推進してまいります。

 

カバーエリア

ビッグデータ基盤、最適インフラストラクチャコンサルティング、データ分析、企業価値評価

 

関連キーワード

ビッグデータ基盤、Hadoop、データ分析、SAS、統計、SDS、Web