HPE Virtual Connect

ブレードサーバー仮想化でネットワークとストレージを簡単に接続し、コストと複雑性を低減。

コンバージドアーキテクチャー - ワークロードが混在するシステムに最適なHPE Converged System 700およびConverged Architecture 700 コンバージドアーキテクチャー - ワークロードが混在するシステムに最適なHPE Converged System 700およびConverged Architecture 700

複数のデバイスを1回で接続

HPEは、Virtual Connectと呼ばれる、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせたサーバーエッジ仮想化ソリューションを開発しました。HPE Virtual Connectを活用すれば、サーバーエッジの複雑性を低減してハードウェアコストを大幅に削減し、電力/冷却関連のコストを減らすことができます。また、HPE Virtual Connectは、帯域幅の最適化に関するニーズに対応可能な設定となっており、サーバーエッジの接続を統合して、物理ネットワークリンクの接続数を最大4倍増加させます。 

95%

複雑性の低減1

65%

ハードウェアコストの削減2

40%

電力/冷却コストの削減3

Virtual Connect for Dummiesをダウンロード

Virtual Connect for Dummies

この情報豊富なガイドでは、データを簡素化してコストを削減し、時間を節約する方法について説明します。

Virtual Connectの製品ポートフォリオ

HPE Virtual Connectの相互接続モジュールは、Ethernet、ファイバーチャネル、およびiSCSIプロトコルにより、サーバーや仮想マシンをデータ/ストレージネットワークに接続します。

Ethernetによる相互接続

HPE Virtual Connect FlexFabric Ethernetモジュールにより、各サーバーに最大20Gbの帯域幅を提供し、インフラストラクチャの速度を40Gbまで向上させることが可能です。また、(シングル/デュアルホップの) Fibre Channel over Ethernet (FCoE) をサポートしているため、SANストレージへの接続が容易に行えるうえ、 単一の20Gbチャネルで複数の物理ポートを仮想ポートに統合できます。 

ファイバーチャネルによる相互接続

HPE Virtual Connect Fibre Channelモジュールは、ネイティブの16Gbおよび8Gbファイバーチャネル接続をサポートしており、 NPIVとHPE Virtual Connect Fibre Channelテクノロジーにより、複数の仮想ポートで単一の物理ファイバーチャネルHBAポートを共有できるため、可用性が高まるうえ、自動フェイルオーバーでアップタイムを向上させることが可能です。 

HPE BladeSystemのパフォーマンスを向上

HPE Virtual Connectソリューションを活用すれば、サーバーをネットワークに接続するのに必要なケーブルを大幅に削減し、SANへのサーバーの接続を簡素化できます。

C-Class BladeSystem用HPE Virtual Connect FlexFabric-20/40 F8モジュール

C-Class BladeSystem用HPE Virtual Connect FlexFabric-20/40 F8モジュール

HPE BladeSystemエンクロージャー内のすべてのトラフィックを集約し、LANとSANに直接接続する単一のデバイスにより、ネットワークの無秩序な拡大を抑制できます。

  • 95%の統合でサーバーエッジを簡素化 
  • 65%の機器の削減でネットワークのTCOを低減
  • ハイパーバイザーのI/O要件を最適化 
  • 業界標準のネットワークにシームレスに接続
  • レイテンシを55%短縮し、プロビジョニングを2.5倍高速化
  • 1回で接続が完了し、その後分単位で数千のサーバー接続を追加、移動、変更可能
HPE Virtual Connect 16Gb 24-port Fibre Channelモジュールの詳細はこちら

HPE Virtual Connect 16Gb 24-port Fibre Channelモジュール

ケーブル数を削減してSANスイッチ管理ドメインを合理化することで、ファイバーチャネルネットワークへのサーバーの接続プロセスを簡素化できます。

  • ストレージネットワークのボトルネックを解消し、HPE BladeSystemのパフォーマンスを最適化 
  • 2倍の帯域幅でサーバーの仮想化密度を向上 
  • ビッグデータの運用におけるレイテンシを低減
  • 16Gb FC SANと接続すれば、分単位でサーバーを追加、移動、または変更可能 
  • ブレードサーバーのファイバーチャネル (SAN) の帯域幅を8Gbから16Gbに拡張 
  • NPIVのトランキングにより、損失のないフェイルオーバーを実現

HPE Virtual Connectファミリの紹介

HPE BladeSystemのワークロードパフォーマンスの向上に役立つ、お客様に最適なHPE EthernetおよびFibre Channel Interconnectモジュールが見つかります。

お問い合わせ

BladeSystemサーバーのパフォーマンスを向上させるのに最適なHPE Virtual Connect Ethernet InterconnectまたはFibre Channelモジュールについて、HPEのエキスパートにお問い合わせください。

各種資料

ファミリガイド : HPE BladeSystemの構築に向けた8つのステップをご覧ください。

HPE BladeSystemの構築に向けた8つのステップをご覧ください。
ファミリガイド

HPE BladeSystemの構築に向けた8つのステップをご覧ください。

ビデオを再生
SANインフラストラクチャを排除し、最大50%コストを削減
ビデオ - 0:45

SANインフラストラクチャを排除し、最大50%コストを削減

アナリストレポート : HPE BladeSystemとHPEの20GbEアダプターが、どのような点でCisco社のソリューションより優れているのかをご覧ください。

HPE BladeSystemとHPEの20GbEアダプターが、どのような点でCisco社のソリューションより優れているのかをご覧ください。
アナリストレポート

HPE BladeSystemとHPEの20GbEアダプターが、どのような点でCisco社のソリューションより優れているのかをご覧ください。

テクニカルホワイトペーパー : Virtual Connect環境を効率的に管理する方法の詳細をご覧ください。

Virtual Connect環境を効率的に管理する方法の詳細をご覧ください。
テクニカルホワイトペーパー

Virtual Connect環境を効率的に管理する方法の詳細をご覧ください。

テクニカルホワイトペーパー : HPE Virtual Connectテクノロジーの概要を示した包括的なドキュメントをご覧ください。

HPE Virtual Connectテクノロジーの概要を示した包括的なドキュメントをご覧ください。
テクニカルホワイトペーパー

HPE Virtual Connectテクノロジーの概要を示した包括的なドキュメントをご覧ください。

テクニカルホワイトペーパー : HPE Virtual ConnectおよびHPE BladeSystemユーザー向けのHPE OneViewの概念

HPE Virtual ConnectおよびHPE BladeSystemユーザー向けのHPE OneViewの概念
テクニカルホワイトペーパー

HPE Virtual ConnectおよびHPE BladeSystemユーザー向けのHPE OneViewの概念

お客様事例 : HPEとともに革新的なゲーミングプラットフォームの開発に取り組んでいる、Bally Technologies社の事例をご覧ください。

HPEとともに革新的なゲーミングプラットフォームの開発に取り組んでいる、Bally Technologies社の事例をご覧ください。
お客様事例

HPEとともに革新的なゲーミングプラットフォームの開発に取り組んでいる、Bally Technologies社の事例をご覧ください。

テクニカルホワイトペーパー : HPE BladeSystemとVirtual Connectの統合について説明するVirtual Connectのドキュメント

HPE BladeSystemとVirtual Connectの統合について説明するVirtual Connectのドキュメント
テクニカルホワイトペーパー

HPE BladeSystemとVirtual Connectの統合について説明するVirtual Connectのドキュメント

ドキュメント : BladeSystem向けのVirtual Connect v4.50の詳細をご覧ください。

BladeSystem向けのVirtual Connect v4.50の詳細をご覧ください。
ドキュメント

BladeSystem向けのVirtual Connect v4.50の詳細をご覧ください。

  • 1.

    従来のサーバーブレードの構成では、一般的に最大40個の構成コンポーネントが必要です。一方、VC FlexFabricソリューションで必要となるのは、サーバーに内蔵された2ポートのFlexFabricアダプター (メザニンカードなし) と2つのVC FlexFabricモジュールのみです ((40-2)/40 = 95%)。

  • 2.

    従来型のインターコネクトとアダプターのコストをVC Flex-10/10Dソリューションと比較した場合の相違に基づきます。Ethernetスイッチ6台と4ポートのNIC 16枚のコストを、2つのHP VC Flex-10/10Dと比較。ILP、2010年5月。

  • 3.

    従来型のインターコネクトとアダプターの電力コストをVC Flex-10/10Dソリューションと比較した場合の相違に基づきます。6個のVirtual Connect FlexFabric、6台のEthernetスイッチ、16個の1Gb 2ポートNIC LOM、および16枚の4ポートNICの電力コストを、内蔵の16個のFlex-10アダプターに接続した2つのHP VC Flex-10/10Dモジュールと比較。