おすすめ
ハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)のGorilla Guide
ハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)のGorilla Guide
複雑さを解消し、エンタープライズITのビジネスニーズによりマッチするように設計され、簡単に操作できる包括的な管理ソリューションの登場です。ご利用のインフラストラクチャを接続してください。
ガイドをダウンロード

非常にシンプルで スケーラブルな ハイパーコンバージド ソリューション。

高速、シンプル、かつ効率的なハイパーコンバージドプラットフォームを活用すれば、IT運用を簡素化できます。HPE SimpliVityは、既存のITインフラストラクチャと高度なデータサービスを組み合わせて、従来のソリューションやパブリッククラウドソリューションの数分の1のコストで単一の統合オールフラッシュソリューションを実現します。

+ もっと見る

HPE SimpliVity 最新情報・トピックス

新製品:ファイルサーバーに最適な大容量HCI HPE SimpliVity 380 Gen10 H SFF登場

SFF SASのハイブリッドストレージ採用で、パフォーマンスとコストの両立を実現

HPE SimpliVity 最新情報・トピックス

新製品:ファイルサーバーに最適な大容量HCI HPE SimpliVity 380 Gen10 H SFF登場

SFF SASのハイブリッドストレージ採用で、パフォーマンスとコストの両立を実現
注目のハイパーコンバージド(HCI)お客様導入事例
美波町様のロゴ

庁内システム統合とデータ集約を目指し、LG-WAN系サーバーをHPE SimpliVityで刷新

美波町様

課題

町役場業務の中枢を担うLG-WAN系サーバー基盤を刷新。高い信頼性とセキュリティを確保すると同時に、将来のクラウド移行も見据えた柔軟な環境を実現すること。

解決方法

クラス最高水準の性能と拡張性を持つインテル®Xeon®スケーラブル・プロセッサーを搭載する「HPE SimpliVity 380 Gen10」を新たに採用。個別の物理サーバーで構築されたシステムとデータを効果的に集約すると同時に、圧縮・重複排除機能によるリソース有効活用も推進しました。

"HPE SimpliVityを導入したことで、今回の狙いであったシステム統合とデータ集約を無事実現できました。GISのデータ容量を大幅に削減するなど、圧縮・重複排除機能の効果も我々の予想以上でした。"

– 美波町 総務課 大地 辰弥 氏

結果

  • ベースとなる地図情報を圧縮・重複排除することで統合型GISと同様の運用を実現
  • サイロ化した業務サーバー群をシンプルに統合することに成功
  • 各業務システムや職員が保有する重要データの集約化/冗長化に成功
  • 新たな行政ニーズにもスピーディに対応することが可能に
ソリューションの詳細
関連するお客様事例
イノベーション
データセンターからエッジまでを完全に統合

この受賞歴のあるハイパーコンバージドソリューションによって、VMの管理とモビリティ、組み込みのバックアップとディザスタリカバリ、これまでにないデータ効率を獲得できます。データセンターやエッジでは、ハイパーコンバージェンスが大きな効果を発揮してきました。

データセンターからエッジまでを完全に統合

この受賞歴のあるハイパーコンバージドソリューションによって、VMの管理とモビリティ、組み込みのバックアップとディザスタリカバリ、これまでにないデータ効率を獲得できます。データセンターやエッジでは、ハイパーコンバージェンスが大きな効果を発揮してきました。

新たなAI対応のハイパーコンバージド インフラストラクチャ
90%容量を節約
バックアップおよびリストア機能の高速化
組み込みのバックアップとディザスタリカバリ
オールインワンソリューション
スムーズな拡張
新たなAI対応のハイパーコンバージド インフラストラクチャ
新たなAI対応のハイパーコンバージド インフラストラクチャ

InfoSight for HPE SimpliVityは、システムの詳細に関する有益な情報を提供し、VM、データ、およびバックアップを適切に管理できるようサポートします。キャパシティ消費の履歴や動向、フェデレーション、クラスター、ノードレベルでの予測をご覧ください。

発表内容を読む(英語)
90%容量を節約
90%容量を節約

データを最初に取り込む際に、常時稼働の重複排除と圧縮を1回実行するだけです。極めて効率的なテクノロジーによってアプリケーションパフォーマンスを向上させ、最大10分の1まで容量使用率の削減を保証します。

ソリューション概要を入手
バックアップおよびリストア機能の高速化
バックアップおよびリストア機能の高速化

HPE SimpliVityに組み込まれたデータ効率化機能が、アプリケーションのパフォーマンスを高めてストレージを解放し、ローカルとリモートのバックアップおよびリストア機能を高速化します。ストレージとバックアップの合計で、容量の90%削減が保証されます。

組み込みのバックアップとディザスタリカバリ
組み込みのバックアップとディザスタリカバリ

サードパーティによるデータ保護が不要になります。HPE SimpliVityは、最高レベルのデータ整合性と可用性を確保するのに必要な耐障害性、組み込みのバックアップ機能、および帯域幅効率に優れた複製機能を備えています。

2019年IDCレポートを読む(英語)
オールインワンソリューション
オールインワンソリューション

老朽化した機器に無駄な投資を行うのではなく、より効率的なインフラストラクチャに投資する必要があります。複数の製品をまとめて単一のハイパーコンバージドプラットフォームに置き換えることで、管理や拡張が容易になり、ITスタッフの生産性が53%向上します。

Forrester社のTEIレポートを読む
スムーズな拡張
スムーズな拡張

クラスターあたりノード16台、フェデレーションあたりノード96台までスケールアップするとともに、3~40TBのノードから最適なものを選択してストレージ容量を確保できます。

SimpliVityに関する発表を読む(英語)

HCI テクニカルビデオ

HPE SimpliVity ソリューションファミリ

HPE SimpliVity 380 Gen10 H SFFを新たに追加

+ もっと見る
HPE SimpliVity 325 Gen10
HPE SimpliVity 380 Gen10 G
HPE SimpliVity 380 Gen10 H SFF
HPE SimpliVity 380 Gen10 H LFF
HPE SimpliVity 2600 Gen10
HPE SimpliVity 380 Gen10

製品名

 

HPE SimpliVity 325 Gen10

HPE SimpliVity 380 Gen10  G

HPE SimpliVity 380 Gen10 H SFF

HPE SimpliVity 380 Gen10 H LFF

HPE SimpliVity 2600 Gen10

HPE SimpliVity 380 Gen10

利用シーン

  • エントリークラス
  • オールフラッシュモデル
  • 中小規模向け仮想化統合
  • VDI
  • 複数拠点への配置
  • オールフラッシュモデル・最高のパフォーマンスを提供
  • 仮想化統合
  • VDI
  • その他一般用途
  • ハイブリッドモデル
  • コストを抑えつつ大容量ディスク領域が必要
  • ファイルサーバー
  • 仮想化統合
  • ハイブリッドモデル
  • バックアップ専用
  • オールフラッシュ
  • 限られたスペースに複数台配備が必要
  • オールフラッシュモデル
  • 仮想化統合
  • VDI
  • その他一般用途

製品特長

第2世代AMD EPYC プロセッサを採用、低コストで大量のCPUコアを利用可能

最高のパフォーマンスを提供する、HPE SimpliVityの標準モデル

SFF SASのハイブリッドストレージ採用で、パフォーマンスとコストの両立を実現

バックアップ保存先専用、低コストで大容量ディスクに秒速バックアップが可能

2Uに最大4台搭載可能モデル

 

最高のパフォーマンスを提供

フォームファクター

1U

2U

2U

2U

 

2U4ノード

2U

メモリ

最大2TB

最大3TB

 

最大3TB

最大3TB

最大1.5TB

 

最大1.5TB

使用可能物理容量

重複排除/圧縮を行う前

4.6TB、7.5TB

7.5TB, 10TB, 15TB, 20TB

20TB

25TB

7.5TB

3TB、6TB、12TB、20TB、40TB

ストレージ構成

  • 1.92TB SSD x 4または6
  • All Flash
  • 1.92TB SSD x 6 
  • 1.92TB SSD x 8
  • 1.92TB SSD x 12
  • 1.92TB SSD x 16
  • All Flash
  • 1.92TB SSD x 4 & 1.2TB HDD x 20
  • 1.92TB SSD x 4 & 4TB HDD x 8
  • 1.92TB SSD x 6
  • All Flash
  • 960GB x 5~3.84TB x 12
  • All Flash

製品名

 

利用シーン

製品特長

フォームファクター

メモリ

使用可能物理容量

重複排除/圧縮を行う前

ストレージ構成

主な技術仕様

高度なデータサービス

  • 内蔵型の耐障害性、バックアップ、ディザスタリカバリ機能でデータを保護
  • 常時稼働の重複排除と圧縮により、容量使用量を最大で10分の1に削減 1による保証

柔軟なフェデレーション戦略

  • クラスターあたりノード16台、フェデレーションあたりノード96台までスケールアップ可能
  • 同じフェデレーション内にクラスターを混在させることが可能 - コアデータセンターにHPE SimpliVity 380、エッジにHPE SimpliVity 2600など

マルチハイパーバイザー戦略

  • VMware vSphere®かMicrosoft® Hyper-V Server 2016のプライベートクラウドのどちらかで展開可能

HPE SimpliVity 380による環境の簡素化

  • ストレージに依存しているワークロード
  • 複数のオールフラッシュ構成オプション (XS、S、M、L、XL)
  • ハイブリッドフラッシュストレージを使用したバックアップ/アーカイブノード
  • 常時稼働の重複排除と圧縮を、ハードウェアで加速またはソフトウェアで最適化

HPE SimpliVity 325を使用して選択肢を拡張

  • 小規模なROBOおよびエッジでのユースケース
  • 高密度、1U、高コア数のシングルAMDプロセッサーノード
  • TCOを削減
  • HPE SimpliVityのすべての機能を利用可能

HPE SimpliVity 2600によるデータセンターの設置面積の最適化

  • 計算負荷の高い汎用の仮想化、エッジ、およびVDIのワークロード
  • 高密度サーバーのフォームファクタ―が必要なスペースに制約のある環境
  • ラックユニット (RU) あたり最高のGPU密度
  • 常時稼働の重複排除と圧縮に最適なソフトウェア

HPE SimpliVity フォーカスパートナー紹介<インストレーション&スタートアップ(I&S)認定取得パートナー>

検証用機器を所有し、実案件のデリバリーを複数回経験されたエンジニアを有し、設置から運用開始までをHPEに代わり実施することが可能なパートナー様です。(五十音順)

HPE SimpliVity フォーカスパートナー紹介

検証用機器を所有し、一定の技術トレーニングを受講したエンジニアを有し、お客様に最適なHPE SimpliVityのご提案が可能なパートナー様です。(五十音順)

ハイパーコンバージドテクノロジーパートナー

HPEのHCI、HPE SimpliVityで主要なビジネス課題を解決