HPE GreenLake for Private Cloud Enterprise

プライベート環境におけるベアメタル、コンテナ、VMをフルマネージド型のクラウドエクスペリエンスで運用することにより、複数世代にわたるIT環境を効率化および最新化できます。

プライベートクラウドにパブリッククラウドのエクスペリエンスをもたらす

ハイブリッド戦略に沿って刷新されたプライベートクラウドにより、データに潜む可能性を現実のものにできます。HPE GreenLake for Private Cloud Enterpriseは、データセンター、コロケーション施設、エッジなど、さまざまな場所のアプリケーションとデータにクラウド運用モデルを提供し、お客様のビジネスに求められるセキュリティと拡張性を実現します。

新しい形のクラウドで影響力を拡大

ハイブリッドマルチクラウド戦略が複雑だとしても、プライベートクラウドまで複雑である必要はありません。マネージドサービスとして提供されるため、インフラストラクチャはHPEが担当し、お客様はワークロードに集中してイノベーションへの道を急ぐことができます。

複数世代にわたるITを一貫性のあるクラウドエクスペリエンスでモダナイズ

従来型でもクラウドネイティブでも、あらゆるアプリケーションやミッションクリティカルなワークロードに真のクラウドエクスペリエンスを提供します。リファクタリングのコストやリスク、労力を必要とせず、従量制課金価格で安全かつスケーラブルです。

クラウドを社内で使いやすく簡素化

組み込みの自動化機能とシームレスなセルフサービスアクセスにより、IT、開発者、FinOpsの各チームのクラウドが簡素化されます。お気に入りのツールとの統合により、チームはアプリケーションをより迅速に開発、展開できるようになります。

お客様事例

ハイブリッドおよびマルチクラウドのエコシステム全体で真の価値を提供

Futurum Groupは、HPE GreenLake for Private Cloud Enterpriseをレビューし、ビジネス上のメリットと、最新のプライベートクラウドエクスペリエンスに対する顧客の要望をどのように満たしているかを評価しています。

分散型エンタープライズ向けエッジコンピューティング

何千もの場所全体に容易に拡張可能なマネージドプライベートクラウドを使用して、コンピュートをデータに近づけることにより、データセンター外のエッジワークロードをサポートできます。

HPE GreenLake for Private Cloud Enterprise with Colocation

パフォーマンス、シンプルさ、コスト節減、持続可能性において重要な利点を備えた包括的なソリューションにより、データがどこに存在してもプライベートクラウドエクスペリエンスを最適化しながら、独自のデータセンターを維持する負担を軽減できます。

パートナー様

HPE GreenLake for Private Cloud Enterpriseの詳細はこちら

HPE GreenLake for Private Cloud Enterpriseの特徴、機能、リファレンスアーキテクチャーの詳細をご覧ください。

テクニカルホワイトペーパーはこちら

  • ベアメタル
  • コンテナ
  • 仮想マシン
  • 開発者エクスペリエンス
  • 消費分析

ベアメタルコンピュートインスタンスを作成する

直感的なセルフサービスメニューと自動化により、クラウド事業者がワークロードに必要なベアメタルリソースをいかに簡単にスピンアップできるかをご覧ください。

ベアメタルコンピュートグループを作成する

クラウド事業者がベアメタルリソースの論理グループを作成し、基盤となるインフラストラクチャリソースとオペレーティングシステムの展開を簡素化することにより、クラウド利用者のデマンドに迅速に対応する方法をご覧ください。

リソースを作成してKubernetesクラスターに追加する

組織がアプリケーションの一部または全部をオンプレミスに残したままでコンテナ化とクラウドエクスペリエンスのメリットを実現する方法をご覧ください。シンプルなセルフサービス型のユーザーインターフェイスにより、IT管理者はKubernetesクラスターの作成、スケーリング、管理に要する時間を短縮できます。

Kubernetesクラスターのブループリントを作成する

クラウド管理者や開発者がマシンやクラスターブループリントを活用して自環境でのクラスターのプロビジョニングを迅速かつ管理を強化した形で行う方法をご覧ください。

プライベートクラウド環境を構成する

IT管理者がイメージ、ポリシー、ワークフローを作成してエンドユーザーが必要とする仮想マシンリソースをわずか数クリックで簡単かつ迅速に配置する方法をご覧ください。

仮想マシンアプリケーションのプロビジョニング

IT管理者が仮想マシンインスタンスを簡単かつ迅速に作成およびプロビジョニングし、展開済みのサービスに変更を加える方法をご覧ください。

DevOpsプロジェクトの作成

自動化のメリットを活用して開発チームが時間を節約し、より速く開発するとともに、複雑さを解消し、組み込まれた便利な開発者エクスペリエンスを活用する方法をご覧ください。

 

リリーストリガーを使用してCDパイプラインを作成する

強力なDevOpsツールがソフトウェアデリバリプロセスを合理化し、リスクを低減し、リソースの利用率とアプリケーションパフォーマンスを向上させる方法をご覧ください。

ショーバックレポートの作成

ハイブリッドクラウドの使用状況と支出を、部門、プロジェクト、ユーザーと一致させることにより、ビジネス全体の可視性を容易に高め、財政上の責任を果たせるようにするショーバックレポートの作成方法をご覧ください。

ハイブリッドクラウドの容量を予測

HPE GreenLakeが毎日の使用量を計測し、その情報を使用して需要に先立ってプロアクティブに追加容量のプランニングとプロビジョニングを行う方法をご覧ください。これにより、お客様は従量制課金によりながら、常に必要な容量を確保できます。

次のステップ

さあ、始めましょう 購入オプションを検討したり、HPEのエキスパートを交えてビジネスニーズに最適なソリューションを特定したりすることもできます。

主な製品

ハイブリッドクラウドの構築

希望に応じたハイブリッドクラウド。

HPE Accelerated Migration

システムの利用方法をas a serviceモデルに変換しながら、お客様が所有する既存のIT資産をキャッシュソースに変換して増やします。

HPE GreenLake for Compute Ops Management

グローバルなコンピュート環境をシームレスに監視、管理し、そこから有益な情報を得ます。

HPE GreenLake - セキュアなオープン型Edge-to-Cloudプラットフォーム

ハイブリッドクラウド運用モデルによって、あらゆるワークロードとデータにわたってソリューションを強化します。HPE GreenLakeは、お客様が求めるセキュリティ、可視性、管理の容易さを備えた、柔軟性と拡張性に優れたクラウド運用エクスペリエンスを提供します。