スーパーコンピューティングの変化が進行している理由

今日の科学、テクノロジー、およびビッグデータの分野における解析ニーズは、これまで以上に重要、複雑、かつ緊急性の高いものとなっています。こうした需要に応えるには完全に新しいコンピューティングアプローチが必要です。

+ もっと見る

エクサスケール時代に向けたスーパーコンピューティング

新たなスーパーコンピューティングの時代が到来しました。HPE Crayスーパーコンピューターは、この数十年間でHPEが成し遂げた最も重要な技術的進歩の1つです。HPEはこのテクノロジーをベースに新たな需要に応える革新的機能の展開を進めています。HPE Crayスーパーコンピューターは、新たな科学、発見、および達成の時代にふさわしい次世代のスーパーコンピューティングを可能にします。

スーパーコンピューティングを再設計

HPEは今日の多様化するニーズに応えるために、従来の手法を一から見直して、完全に新しいソリューションを開発しました。革新的なハードウェアおよびソフトウェアは、コア数の増加、コンピュートノードアーキテクチャーの急増、ワークフローにおけるAIの大規模な活用などに伴う課題の解決に大きな力を発揮します。

現在および将来のニーズに応える柔軟性

ワークロードの進化が急速に進むなか、アーキテクチャーを柔軟に選択できることの重要性が増しています。HPE Crayスーパーコンピューティングでは、単一の管理/アプリケーション開発インフラストラクチャに、複数のプロセッサータイプを組み込むこと、すなわち異種混在構成が可能です。シングルソケットからマルチソケットノード、GPU、FPGA、AIに特化した先進的なアクセラレータに至るまで、さまざまなオプションが用意されています。

エクサスケール時代のネットワーキング

HPE Slingshotは、HPEが新たに提供する専用設計の高速スーパーコンピューティング インターコネクトです。HPE Slingshotには、Ethernet機能、最先端のアダプティブルーティング、独自の輻輳制御、および高度なサービス品質管理機能が搭載されています。またIPルーティングとリモートメモリ操作の両方をサポートしており、従来のモデリングやシミュレーションの枠を超えた広範なアプリケーションに対応可能です。

スーパーコンピューターに匹敵する性能とクラウド型の運用

HPE Crayソフトウェアスタックは、数十年にわたって培われたスーパーコンピューティングに関する高度な知識を土台に、最新のコンテナーベースのモデルを組み込むことで、管理性、信頼性、可用性、耐障害性、および相互運用性の新たな標準を打ち立てます。  ノートパソコンやクラウド上での開発からスーパーコンピューター上での本稼働へのシームレスなスケールアップが可能です。

HPCストレージの新時代: 両方のメリットを備える

従来のオールフラッシュエンタープライズファイルストレージと同様にAI特有のストレージ要件を満たし、また従来の並列ストレージと同様にスケーラブルでコスト効率に優れたハイパフォーマンスコンピューティングストレージ。

スーパーコンピューターに匹敵する性能とクラウド型の運用

HPE Crayソフトウェアスタックは、数十年にわたって培われたスーパーコンピューティングに関する高度な知識を土台に、最新のコンテナーベースのモデルを組み込むことで、管理性、信頼性、可用性、耐障害性、および相互運用性の新たな標準を打ち立てます。  ノートパソコンやクラウド上での開発からスーパーコンピューター上での本稼働へのシームレスなスケールアップが可能です。

HPCストレージの新時代: 両方のメリットを備える

従来のオールフラッシュエンタープライズファイルストレージと同様にAI特有のストレージ要件を満たし、また従来の並列ストレージと同様にスケーラブルでコスト効率に優れたハイパフォーマンスコンピューティングストレージ。

HPE Crayスーパーコンピューターのポートフォリオ

HPE Crayスーパーコンピューターは、複数のプロセッサーアーキテクチャーおよびアクセラレータオプションをサポートします。また、次世代のブレードやサーバーとの上位互換性も考慮して設計されています。HPE Crayスーパーコンピューターは2種類の構成で利用可能です。

+ もっと見る

HPE Cray EXスーパーコンピューター

最高度の高密度化を図り、効率向上を達成するため、液冷式キャビネットでは、高密度ブレード構成ですべてのコンポーネントの液体による直接冷却をサポートします。これらのキャビネットには8つのシャーシが含まれ、各シャーシはコンピュートおよびスイッチブレードをそれぞれ8つまでサポートします。スイッチブレードに対してコンピュートを直角に配置することで、ケーブルを使用しない接続が実現しています。

HPE Crayスーパーコンピューター

標準的な19インチラック構成も用意されており、ニーズに応じて小型の空冷式ソリューションも選択可能です。  現行のコンピュートプラットフォームは、Apollo 2000 Gen10 Plusで、2Uコンピュートサーバーに4つのAMD® EPYC® 7002ノードを搭載し、HPE CrayソフトウェアおよびHPE Slingshotネットワーキングがインストール済みです。